三田屋本店-やすらぎの郷-

三田屋本店-やすらぎの郷-

五感で味わう、
上質のステーキとハム。

三田屋本店の原点であるハム。
桜の木のチップとコーヒー豆で燻煙する。

選りすぐった牛肉を最適な状態で。
くすみのない美しい色と艶は、鮮度と質のよさの証。

熱々の鉄皿で供されるステーキは、自分好みに焼いて、
お箸で食べることができる。

薄切りハムに玉ねぎスライス&特製ドレッシングを添え、
三田青磁のお皿に盛りつけ。

原点はドイツで学んだハム。

三田屋本店の原点にあるのは、創主 廣岡償治がドイツで学んだ伝統製法によるハム。質の高い豚ロース肉を1週間以上じっくり塩漬けしてから、天然の桜の木のチップとコーヒー豆を混ぜて燻煙、加熱して仕上げます。廣岡はドイツから帰国後、ハムの製造販売をするとともに、ステーキレストランを開業。ハムはオードブルとして玉ねぎスライス&特製ドレッシングを添える味わい方が人気を呼び、今も三田屋本店-やすらぎの郷-のステーキコースで供されています。

鮮度と質を物語る美しい肉色。

ステーキ肉のくすみのない美しい色と艶は、鮮度と質のよさの証。A5・A4ランクの黒毛和牛や各地の銘柄牛をはじめ、それぞれに特長をもつ良質の牛肉を選び抜いています。きめ細かい霜降りが入ったサーロイン、脂肪分が少なくサッパリ上品なヘレ、柔らかいハラミ…と部位も様々。いずれも肉質がきめ細かく、肉本来のおいしさを実感できるのが共通点です。厳選した肉を厳格に管理し、もっともいい状態を見極めて提供します。

熱々の鉄皿で好みの焼き加減に。

カットしたステーキ肉は熱した鉄皿に生のままのせて、すぐにテーブルへ。目の前で火が通っていくので、焼き加減はレアもミディアムも思いのまま。また、ナイフやフォークを使わずにお箸で食べられるのが、三田屋本店のスタイルです。美しい肉色を目で確かめることができ、ジューッと焼ける音や匂いも味わいのうち。“味覚だけではなく、五感のすべてを満足させる”という、もてなしの心がここにあります。

豊かな文化を継承する、
三田青磁。

三田屋本店で使用している青く澄んだ、三田青磁の器。平安時代に中国から日本に伝わった青磁は、日本でも焼かれて一世を風靡したものの、昭和初期に窯の火が途絶えました。それを創主 廣岡が長い歳月をかけて復活させたのです。食の提供だけでなく、食を取り巻く文化継承にも取り組んでいます。大丸京都店の三田屋本店でも、京都の食文化継承や生産振興の一助として京都の食材を活用。京都産の牛肉やお米をはじめ、四季折々の京野菜もサラダや付け合わせに登場します。

ステーキ

三田屋本店
-やすらぎの郷-

サンダヤホンテン ヤスラギノサト

食と文化の融合で生まれる、やすらぎの空間。
口の中でとろけるような厳選和牛のステーキと
伝統製法のハムを。

営業時間
平日11:00~16:00(ラストオーダー15:00)・17:00~22:00(ラストオーダー21:00)、土・日・祝11:00~22:00(ラストオーダー21:00)
座席数
56席
直通電話番号
075-606-4029
  • ◎営業時間を短縮・変更する場合や臨時休業する場合があります。
    最新の営業案内はこちらをご覧ください。

おすすめメニューなど詳しくはこちら!

《写真のメニュー》
黒毛和牛ステーキコース各種(ハムのオードブル・サラダ・牛肉の一品・ごはん・梅干し・アイスクリーム付き)税込8,800円から
  • ※本記事の内容は2023年8月30日現在の情報です。
  • ※季節のメニューなど、料理により食材の一部を変更する場合、販売期間が限られている場合があります。
  • ※やむを得ない事情により、予告なく内容変更、価格変更、販売終了する場合がありますが、ご了承ください。

Floor Map ぐる~り、まわって、
食・飲 + 知・見・憩…。

フロアマップ
レストランフロアイメージ