<菓子屋 艷(YEN)>知る人ぞ知る!繊細な口どけで秋を味わうプリンが登場!

大丸松坂屋オンラインストアで 毎月1日から数量限定販売

菓子屋 艷(YEN)

定番も、季節の味も。艷の美味を、アジロの籠に詰め合わせて。 定番も、季節の味も。艶の美味を、アジロの籠に詰め合わせて。

210913_05.jpg 210913_06.jpg

黒子姿 菓子屋 艷(YEN)の黒子 F氏

「人生意気に感ず功名誰か復論ぜん」人生のうち、誰でも1度は相手の気持ちに心を動かされ行動を起こす。
唐時代の魏徴の言葉の通り、お客様と心通わせご縁を育む関係でありたいと、
愛媛の地でお菓子作りを続ける<菓子屋 艷(YEN)>をご紹介します。

持ち帰って楽しみたい。そんなお客様の願いに応えて。 持ち帰って楽しみたい。そんなお客様の願いに応えて。

image1.jpeg

愛媛県の今治市や松山市に店舗を構える<菓子屋 艷(YEN)>。その前身は、中国茶カフェ「行茶房(あんさんぼう)」。
当時、中国茶のお店に似合うお菓子をと考えた際に、中国で出会った"杏仁豆腐"を日本でも、と試作を繰り返しました。
そうして完成した"杏仁豆腐"は、来店時にタッパーを持参して持ち帰りたい。と希望されるお客様が出るほどに。
そこから今まで20年を超える不動の人気を誇ります。

おいしさをそのまま運ぶため生まれた「スタンドパック」。 おいしさをそのまま運ぶため生まれた「スタンドパック」。

  • 210913_04
  • インスタ(道後)2019.7.18 など 器に自由に盛りつけたプリン

愛媛県で、プリン店の先駆けとして生まれ変わる際、問題となったのは繊細なプリンをどう運ぶか。ということ。
当時は「瓶スタイル」のプリンが主流。しかし重く、食べた後の容器も気になります。そこで生まれた袋詰めのプリン。
プリンとソースの2層が美しく、袋を開けた瞬間に広がる豊かな香り。さらに、お好みの器で味わうという楽しみも加わります。
袋にしたことで、ゴミの最小化だけでなく、軽い分内容量が増やせ、お客様にたっぷり食べていただけるという利点もありました。

「心の顔を見てほしい」黒子 F氏の熱い想い。 「心の顔を見てほしい」黒子 F氏の熱い想い。

  • 黒子スタイルで販売している写真
  • インスタ(道後)2019.4.20 ずらりならぶかぼちゃプリン

店頭で販売するのも黒子のスタイルで、という F氏。それは作り手の顔ではなく、素材そのものを生かした「味」に集中して欲しいという想いの表れです。艷では常時15種のプリンが揃いますが、一つひとつベースとなるプリンは異なります。これは、素材が持つ「甘・酸・辛・苦」に重きを置き生かすため。例えばかぼちゃの焼きプリン。レシピの70%ものかぼちゃを使用。素材の繊維質を壊さずに滑らかさを出すため、特注の極細網を使い裏漉しします。1回90個分を作ると翌日には筋肉痛になるほど力も必要だとか。
そうしてできたプリンは、まさにかぼちゃそのものです。

作り手の経験と勘のなせる技。とろ~り、柔らかさを感じて。 作り手の経験と勘のなせる技。
とろ~り、柔らかさを感じて。

  • インスタ(道後)2019.3.23 杏仁煮込む大鍋
  • インスタ(3番町)4.14 パック詰め

杏の種をすりつぶしたものを鍋で煮詰めた「杏仁霜」にミルクを混ぜ、大鍋で焦げないようしっかりと練り合わせます。
ぐつぐつ高温でしっかりと煮詰めることで、杏仁のふくよかな香りと、とろり粘りのある食感が残ります。ほかのプリンも同様、ちょうどいい"柔らかさ"加減をキープするのは至難の業。パックに詰め、冷やす。このタイミングが、素材ではもちろん、季節でも異なるからです。

季節やその時のおススメをお届け。 季節やその時のおススメをお届け。

  • 210913_07
  • インスタ(道後)2020.11.20 栗プリン

今回ご用意いただいた詰め合わせは、<菓子屋 艷(YEN)>おススメプリン6個をアジロ籠に入れてお届けいたします。プリンの種類はマンゴー、黒胡麻、珈琲乳乳、抹茶、豆乳、バナナ、杏仁豆腐、紫芋、ちよこれいと、丹波黒豆蜜寒、カボチャの焼プリン、ブルーベリー、大納言、フランボワーズ、マロン(季節10〜12月)、イチゴ(季節1〜5月)、白桃(季節6〜9月)のなかから、できたておすすめをチョイスして詰め合わせ。どうぞこの機会にお試しください。

大丸松坂屋オンラインストアで毎月1日より数量限定販売! 大丸松坂屋オンラインショッピングで毎月1日より数量限定販売!

「味」と「食感」が織りなす口福。
一品一様の趣きに、心ときめく<菓子屋 艷(YEN)>のプリン「人気のプリン詰合せ6個盛」をお見逃しなく。

関連記事