DAIMARU

大丸梅田店

How To Select?セレモニースタイル タイトル画像How To Select?セレモニースタイル タイトル画像

格式高いセレモニースタイルもステキだけれど、自分らしく着こなしたい!セレモニー以外のシーンでどう着まわしたらいいのかわからない…。皆さまのそんなお悩みにお応えします!これまで数多くのセレモニースタイルをご提案してきた、経験豊富なスタッフ「ママのハレの日コンシェルジュ」がさまざまなシーンに合わせた着こなしのコツを伝授します!

ママのハレの日コンシェルジュにおまかせください!

店頭ではこのバッジの販売員が目印!

卒園・卒業式と入園・入学式、
いつも同じコーディネート…。
上手にイメージチェンジするには?

アンタイトル スタッフによる着用イメージ

<アンタイトル>

ハンサムなパンツスタイルから、ワンピース×キレイ色小物でフェミニンに一新!

イメージを変えるには、ボトムスを変えていただくのがオススメです。同じツイードジャケットをお使いいただく場合は、卒園・卒業式はパンツを合わせてハンサムに、入園・入学はワンピースで女性らしくエレガントに、とまったく異なる雰囲気をお楽しみいただけます。一緒にキレイな色の小物をプラスしていただくと、華やかさが増してステキです。また、ジャケットのお色を変えていただいても◎。卒園・卒業式は黒や濃紺、入園・入学式はベージュやピンクブルーなど春らしいお色をお選びいただく方が多いですよ。お洋服に合わせてへアスタイルを変えていただくのもいいですね。

about <アンタイトル>

格式高い上品フォーマルから定番スーツ、お仕事兼用で使えるセットアップ、トレンド感のあるアイテムなど幅広く展開。機能性と上質感がさらにアップ。

ナチュラルビューティー スタッフによる着用イメージ

<ナチュラルビューティー>

普段使いできるプリーツスカートやドッキングワンピースを取り入れて。

卒園・卒業式でツイードのジャケットとタイトスカートを上下でお召しになるなら、入園・入学式には、ボトムスを普段使いもできるシフォン素材のプリーツスカートにチェンジしていただくのはいかがでしょう? 春らしく軽やかで華やいだ雰囲気になりますので、新しい顔合わせのシーンにぴったりだと思います。ブラウスとスカートが一緒になったドッキングワンピースもオススメです。ウエスト部分のもたつきがなく、スッキリ着ていただけますよ。控えめなお色のワンピースなら、卒園・卒業式はもちろん、参観や懇談会などの学校行事でもたくさんお使いいただけますよ。

about <ナチュラルビューティー>

自然体の美しさをそのままに、ナチュラルでフェミニンな女性に向けたリアルクローズを提案。上品で優しい雰囲気のセレモニースタイルがそろいます。

J.プレス スタッフによる着用イメージ

<J.プレス>

思いきってパンツスタイルにチェンジして、いつもと違う雰囲気に挑戦。

端正な印象のスカートスタイルが定番という方は、思いきってパンツスーツに挑戦していただくと新鮮です。シルクなどが入った素材のものでしたら、カッチリしすぎずに優しい印象になりますよ。インナーは、華やかすぎるかな?と思われるくらいのフリルたっぷりのブラウスを合わせて、甘辛ミックスに着こなすのがオシャレです。ツイードのスカートスーツをお持ちなら、卒園・卒業式はセットで、入園・入学式はワイドパンツやシフォンのスカートを合わせていただくと雰囲気が変わります。落ち感のある柔らかい素材透け感があるアイテムを合わせていただくのがポイントです。

about <J.プレス>

アメリカントラディショナルをベースにした飽きのこないデザインと質のよさが人気。王道のネイビースーツから、ワンピースやパンツスタイルまで豊富にラインアップ。

セレモニー用に購入した
ツイードのジャケット、
着まわし方を教えてください。

ビアッジョブルー スタッフによる着用イメージ

<ビアッジョブルー>

式典はきちんと。普段はワイドパンツ×パンプスで上品にカジュアルダウンして。

定番で飽きのこないツイードジャケットは、ご兄弟・姉妹の七五三や習い事の発表会、謝恩会などカッチリと決めたいシーンに安心してお使いただける、心強いアイテムです。普段お使いいただく際は、カジュアルダウンしていただくのがオススメです。パンツ派は、人気のワイドパンツやデニムパンツとのコーディネートがいいですね。足元をパンプスにしていただくと、程よく上品にカッコよく決まります。スカート派は、ひざ丈のタイトスカートや前と後で長さが異なるフィッシュテールスカートに、スニーカーやオックスフォードシューズなどを合わせていただくとかわいいですよ。

about <ビアッジョブルー>

イタリアのリゾート地でのラグジュアリーな旅をテーマに、エレガントな大人の“いい女”スタイルを提案。遊び心のある華やかなセレモニースタイルが得意。

クードシャンス スタッフによる着用イメージ

<クードシャンス>

とろみ素材のトレンドアイテムを合わせて、この春の最旬コーデに。

ノーカラーのツイードジャケットは、流行を気にせずに長い間着ていただけますので、一着あると本当に便利なアイテムですよ。黒、紺、グレーなどのお色でしたらどの季節でも大丈夫ですし、保護者会やお宮参りなどのさまざまな行事ごとにぴったりです。もちろん、普段のお出かけにも! この春のオススメは、とろみ素材のブラウスや薄手のニットに、ワイドパンツを合わせた旬のコーディネート。ニットスカートやニットワンピースとの組み合わせも、リラックス感と上品さがミックスされてステキです。人気のレストランでオシャレなお友達と女子会など、少し気合いを入れたい時にぴったりです。

about <クードシャンス>

美しさの本質を知り、常に感性を豊かにしていきたい…そんな女性に向けたファッションを提案。大人のエレガンスが漂うセレモニースタイルが充実。

ロートレアモン スタッフによる着用イメージ

<ロートレアモン>

春の羽織りにぴったり!お仕事やママ友ランチ、結婚式にも好印象です。

実はツイードジャケットは、とても使い勝手のいいアイテムなんですよ。セレモニー用としてだけでなく、春の羽織りとして探していらっしゃる方も多いんです。上品さがありますので、お仕事にはもちろん、ママ友とのお出かけや親戚とのお食事会、園や学校の行事など、いつもより少しきちんと感を演出したいシーンにぴったりです。柔らかな素材のワイドパンツとキレイめのニットを合わせていただくと、ヌケ感のあるオシャレをお楽しみいただけます。ラメなどをほどこしてあるタイプなら、結婚式やパーティーなどのお祝いの席でも品よく華やかに着こなしていただけますよ。

about <ロートレアモン>

程よくトレンドを取り入れたアイテムが人気。定評のあるパンツスーツをセレモニースタイルでも提案。着回しを重視した単品アイテムも充実しています。

くつ、バッグ、アクセ・・・。
どんな雑貨を合わせればいいのか
悩みます。

エフデ スタッフによる着用イメージ

<エフデ>

お洋服と同系色でまとめたスタイルが基本。入卒式で小物の色を変えてもOK。

ブラックやネイビーなどのダークカラーのお洋服の方はくつとバッグを黒に、明るいお洋服の方はベージュなどの明るめのお色の小物とお洋服と小物のトーンを統一していただくと全体がキレイにまとまります。卒園・卒業式と入園・入学式で変化をつけたい場合は、小物の色をチェンジして、差し色にしていただくのもいいですね。お洋服とくつを黒や紺など落ち着いたお色にされる場合には、華やかなコサージュや2連のネックレスなどを合わせていただくとハレの日にふさわしい雰囲気に。淡いお色のお洋服に黒や紺の小物を合わせていただくと、コーディネートが引き締まりますよ。

about <エフデ>

ワンピースやセットアップなど大人のエレガントさとフェミニンさを両立したスタイリングをご提案。女性の可愛らしさを引き立てるアイテムがそろいます。

リフレクト スタッフによる着用イメージ

<リフレクト>

シンプルで端正なデザインのアイテムで、上品なセレモニースタイルに。

一般的にセレモニースタイルに合わせる小物は、シンプルなデザインが好印象といわれています。具体的には、くつはスタイルアップにもなる5cm 前後のヒールで、つま先のあるパンプス、バッグは小ぶりで無地のカッチリとした形のものがふさわしいですね。大きすぎると普段使いに見えてしまいますので、小ぶりなハンドバッグにしていただいて、中に折りたためるサブバッグをご用意していただくと安心です。ブランド物のバッグをお使いになる場合は、ブランドロゴがあまり目立たないものが好ましいですね。定番のパールネックレスは、すっきりとしたタイプがトレンドですよ。

about <リフレクト>

家庭と仕事、趣味と仕事などさまざまな顔を持つ「アンドキャリア」の女性のための服がコンセプト。上質で洗練されたアイテムがバリエーション豊かにそろいます。

インディヴィ スタッフによる着用イメージ

<インディヴィ>

バッグとコサージュを同系色でリンクさせて、着こなしのアクセントに。

あらたまったシーンでの小物選びは、組み合わせ方がポイントです。小物同士はもちろん、お洋服との組み合わせ方でも印象が変わります。例えば、お洋服とくつは黒系でまとめ、バッグとコサージュを明るいお色のものにしていただくと、アクセントになってステキです。同系色の小物でそろえると統一感が生まれますよ。また、コサージュに抵抗感をお持ちの方はつけていただかなくても大丈夫ですが、“華を添える”という意味もありますので、つけていただくことをオススメします。お写真のお顔写りを不安に思われる方も、胸元にコサージュをつけていただくとお顔周りがパッと明るくなりますよ。

about <インディヴィ>

洗練されたシャープなデザインが人気。セレモニーとして、定番のツイード、女性らしいとろみ素材や着心地のよいストレッチなど、豊富にご用意。

※スタイリングはいずれも一例です。くわしくは売場係員におたずねください。

ページトップへ戻る