DAIMARU

大丸梅田店

How To Select?セレモニースタイル タイトル画像How To Select?セレモニースタイル タイトル画像

お子さまの成長の節目となる晴れやかな日。家族の大切な想い出の日だから、いつもよりステキでいたい。フォーマルほど厳粛なマナーがない入卒式では、服装にお悩みの方も多いのでは?
そんな疑問に、これまでさまざまなセレモニースタイルをご提案してきた、経験豊富なスタッフ「ママのハレの日コンシェルジュ」がお応えします!

ママのハレの日コンシェルジュにおまかせください!

店頭ではこのバッジの販売員が目印!

卒園・卒業式と入園・入学式用の
スーツは、それぞれ用意
したほうがいいですか?

リフレクト スタッフによる着用イメージ

<リフレクト>

両方あれば重宝しますが、スタイリングで差をつければ1着でOKです!

どちらもお写真に残りますので、まったく同じスタイリングではないほうがいいですね。一般的には、卒園・卒業式には黒・紺・グレーなどのシックなお色、入園・入学式には明るいお色のものがふさわしいといわれています。ほかのご兄弟・姉妹の七五三や謝恩会など行事が続く方は、この機会に両方そろえていただくと重宝しますよ。今後そのような予定がない方は、ネイビーやツイードなど入卒兼用でお使いいただけるスーツセットアップをベースに、インナーやボトムスなどで変化をつけるのがオススメです。お手持ちのお洋服をお持ちいただければ、スタイリングのご相談にのりますよ!

ヒール付きスリッパ、サブバッグ

あらたまった場に合うヒール付きスリッパや当日に配布される書類を持ち帰るためのサブバックを用意しておくとスマート。<リフレクト>では、お式や学校行事で使える上履きやきちんと感のあるサブバックなど、先輩ママの声から生まれた雑貨をご用意しています。

about <リフレクト>

家庭と仕事、趣味と仕事などさまざまな顔を持つ「アンドキャリア」の女性のための服がコンセプト。上質で洗練されたアイテムがバリエーション豊かにそろいます。

ナラカミーチェ スタッフによる着用イメージ

<ナラカミーチェ>

同じスーツでも大丈夫。インナーを変えて印象をチェンジしましょう!

それぞれ別々に一式ご用意される方もいらっしゃいますが、一部のアイテムを変えていただくだけでOKですよ。ベーシックなスーツやセットアップを1セットご用意いただいて、インナーとなるブラウスやカットソーのカラーやデザインを変えるだけで、驚くほど雰囲気が変わります! 最近は、グレーやネイビーのスーツに、卒園・卒業式ではシンプルな白、入園・入学式には淡いピンクや水色などのパステルカラーのブラウスやカットソーを選ばれる方が多いですね。フリルやリボンなどをあしらった華やかなデザインのブラウスは、お子さまの門出をお祝いするシーンにぴったりです!

about <ナラカミーチェ>

女性らしさを際立たせる美しいカッティングが魅力のシャツ・ブラウスが豊富。イタリアの雰囲気が漂う、エレガントなオケージョンスタイルをご提案。

アンタイトル スタッフによる着用イメージ

<アンタイトル>

入卒兼用のセットアップをベースに、小物やボトムスで変化をつけて。

白×黒のツイードやネイビー、ピンク×黒などのお色のスーツやセットアップでしたら、入卒兼用でご利用いただけますよ。ただ、卒園・卒業式と入園・入学式では式典の雰囲気が異なりますので、小物やボトムスを変えていただくのがベターだと思います。例えば、グレーのツイードスーツの場合は、コサージュとバッグの色をチェンジしていただくと印象が変わります。卒園・卒業式なら黒や紺などダークカラーに、入園・入学式はベージュや白などの明るめのカラーにしていただくと◎。また、ボトムスをスカートからパンツやワンピースに変えていただくと違う雰囲気もお楽しみいただけますよ。

about <アンタイトル>

格式高い上品フォーマルから定番スーツ、お仕事兼用で使えるセットアップ、トレンド感のあるアイテムなど幅広く展開。機能性と上質感がさらにアップ。

普段はパンツスタイル、
スカートやワンピースは苦手…
こんな私にぴったりの式服は?

インディヴィ スタッフによる着用イメージ

<インディヴィ>

園や学校などの服装ルールがなければ、パンツスタイルもオススメです!

そうですね、最近は「足を出すのが苦手」「下の子がいるから…」などの理由から、パンツスタイルをお選びいただく方も増えています。ただ、園・学校、地域によっては、「スカートまたはワンピース」「黒以外はNG」などの服装ルールが決まっている場合がありますので、不安に思われる方は先輩ママや園・学校に確認していただくと安心ですね。そのようなルールがない場合は、スタイリッシュに着こなしていただけるパンツスタイルもオススメしています。ご家族の想い出に残るセレモニーですので、コサージュなど小物やヘアメイクに凝って華やかに仕上げていただくとお写真にも映えますよ。

about <インディヴィ>

洗練されたシャープなデザインが人気。セレモニーとして、定番のツイード、女性らしいとろみ素材や着心地のよいストレッチなど、豊富にご用意。

ロートレアモン スタッフによる着用イメージ

<ロートレアモン>

華やかなツイードジャケット×ガウチョパンツでトレンドを取り入れて。

スカートが苦手な方には、スカートスーツは少し抵抗がありますよね。立つ座るの動作が多い式典での“動きやすさ”も重要視されて、パンツスタイルをお探しの方もいらっしゃいますよ。パンツスタイルをお選びいただく際は、スカートスタイルにくらべて控えめな印象になりますので、ジャケットやインナー、小物などで華やかさをプラスされるのがオススメです。例えば、明るいお色めのツイードジャケットに、ジャケットの糸と同じお色を使ったパンツを合わせていただくと、統一感もあり、華やかな印象に。トレンドのガウチョやワイドパンツとの組み合わせもオシャレですね。

about <ロートレアモン>

程よくトレンドを取り入れたアイテムが人気。定評のあるパンツスーツをセレモニースタイルでも提案。着回しを重視した単品アイテムも充実しています。

ノーリーズ スタッフによる着用イメージ

<ノーリーズ>

フォーマル小物をプラスして、スタイリッシュなパンツスタイルに。

セレモニースタイルの主流はやはりジャケット×スカートスタイルですが、 スタイリッシュに魅せたい方には、パンスツタイルもオススメしています。スタンダードなパンツスーツやセットアップをお選びいただくと、お仕事や学校行事などさまざまなシーンでご活用いただけますね。インナーにシフォンなどの柔らかい素材のカットソーを合わせていただくと、女性らしく華やかな印象になりますので、お子さまの門出をお祝いするハレの日にぴったり。さらにパールのアクセサリーやブローチをアクセントにつけていただくと、フォーマル感も加わって上品で洗練された雰囲気になりますよ。

about <ノーリーズ>

ソフトトラッドをベースにした洗練されたカジュアルを提案。丸みのあるノーカラーやVカラーなどトレンドを押さえたジャケットがオススメです。

寒暖差の激しい季節。
セレモニースタイルにふさわしい
寒さ対策を教えてください。

J.プレス スタッフによる着用イメージ

<J.プレス>

温かい機能性インナーと上質感のあるカシミヤストールを上手に使って。

寒さ対策として欠かせないのは、発熱性や保温性の高い機能性インナーです。会場で上着を脱ぐことはございませんので、半袖のワンピースの場合でも七分袖のインナーを着てくださいね。冷えに弱い方は、発熱素材のタイツや使い捨てカイロをお使いになるのもオススメです。使い捨てカイロは、肩甲骨の中心部や腰下に貼っていただくと体が温まります。また、薄くて温かくフォーマル感のあるカシミヤのストールをお持ちいただくと、移動中は首回りの防寒に、会場ではひざ掛けとしてお使いいただけますよ。卒園・卒業式では雪が降るような寒い日もありますので、しっかり防寒してください。

about <J.プレス>

アメリカントラディショナルをベースにした飽きのこないデザインと質のよさが人気。王道のネイビースーツから、ワンピースやパンツスタイルまで豊富にラインアップ。

イネド スタッフによる着用イメージ

<イネド>

パンツスタイルも強い味方。会場まではコートやマフラーでしっかり防寒を。

春先のまだ寒い時期ですので、園や学校までの移動の際には、コートやマフラーなどの防寒着を着用される方が多いですよ。その際のコートは、黒やネイビーなど合わせやすく流行に左右されないシンプルなデザインのものをお選びいただくといいですね。ベーシックなコートが一枚あれば、入卒式だけでなく、謝恩会や学校行事、結婚式などさまざまなシーンでお使いいただけます。セレモニー会場でコートを脱いでも寒くないように、ブラウスの下には温かいインナーを重ねてください。最近人気のあるパンツスタイルやオールインワンも、なかに着込めますので、寒さに弱い方にはオススメです。

about <イネド>

長めのスカート丈に定番ジャケットでフレンチクラシックな雰囲気に。今年は、ほのかなラメの輝きで品よく写真映えするツイードのセットアップがオススメ。

23区 スタッフによる着用イメージ

<23区>

移動時はスプリングコートを羽織って。インナーはスキンカラーが安心です。

セレモニーは、冷暖房が行き届かない広い会場で長時間行われることが多いので、冷えを気になさる方が多いですね。防寒対策としては、カットソーやブラウスの下に発熱作用のあるインナーを着ていただくのが正解。透けが気になる方は、ベージュやモカなどスキンカラーのものを選んでいただくと安心ですね。足元から冷えますので、ストールを準備してひざ掛けにしましょう。一方、私立の園や学校では暖房が効いていることが多いので、移動時の対策だけでOKです。春らしく明るいお色のスプリングコートやベーシックなトレンチコートは、セレモニースタイルとも相性がいいですね。

about <23区>

華やかで上品なスタイルをかなえる23区。ツイードジャケットは、人気のノーカラー、ステンカラーをご用意。バッグやパンプスなどトータルでそろいます。

※スタイリングはいずれも一例です。くわしくは売場係員におたずねください。

ページトップへ戻る