地味なイメージの和菓子のなかで紅一点、愛らしいビジュアルでアイドル的存在の苺大福。冬から春にかけて、
この時期しか出会えないという希少性も心をくすぐります。大丸東京店自慢のいちご大福が食べられるのは今だけ。お見逃しなく!

大好評につき、数を増やしました!
ジューシーな「とちおとめ」と柔らかな羽二重餅を使用したいちご大福は、和菓子界のアイドルにふさわしい、誰からも愛される和スイーツ。甘味がジュワッとあふれ出す苺と、ふわふわの羽二重餅の相性はこれ以上ないほど。餡も全体のバランスを考慮した、苺大福のためのオリジナルこし餡。当初は1日30個限定でしたが、大好評につき1日30→50個限定に増やして、バイヤーイチオシの<清月堂本店>椿通り 販売します。

まろやかなこし餡が、甘さ控えめで程よい酸味のイチゴと絶妙にマッチする<赤坂青野>。生地はあくまでも脇役として、餡といちごの邪魔にならないよう薄く柔らかく仕上げています。

<赤坂青野>
いちご大福(1個)【税込】270円
/地階 和菓子
※販売期間:1月9日(火)→4月上旬まで

お餅ではなく求肥を用いた<伊勢屋>のいちご大福は、柔らかくてもっちもち。職人が手作業で練り上げた自慢のつぶ餡と、程よい酸味の新鮮な苺を、ギュッと閉じ込めました。

<深川 伊勢屋>
いちご大福(1個)【税込】280円
/地階 和菓子
※販売期間:3月下旬まで

苺の大きさに定評のある<榮太樓總本鋪>のいちご大福。食べ応え抜群の大粒いちごは、糖度が高い「とちおとめ」を使用。歯切れの良いお餅とさらりとした半小豆餡が、いちごの味わいをさらに引き立てています。

<榮太樓總本鋪>
いちご大福(1個)【税込】324円
/地階 和菓子
※販売期間:1月8日(月・祝)→2月14日(水)

いちご大福ではありませんが、<ずんだ茶寮>のいちご道明寺は、苺を丸ごと一粒包み込んだスペシャルな美味しさ。ほんのり塩味の桜葉と、お米のつぶつぶ食感が残る道明寺は、苺の甘酸っぱさと相性抜群です。

<ずんだ茶寮>
いちご道明寺(1個)【税込】280円
/1階 和菓子
※販売期間:1月3日(水)→9日(火)

地味なイメージの和菓子のなかで紅一点、愛らしいビジュアルでアイドル的存在の苺大福。冬から春にかけて、 この時期しか出会えないという希少性も心をくすぐります。大丸東京店自慢のいちご大福が食べられるのは今だけ。お見逃しなく!

大好評につき、数を増やしました!
ジューシーな「とちおとめ」と柔らかな羽二重餅を使用したいちご大福は、和菓子界のアイドルにふさわしい、誰からも愛される和スイーツ。甘味がジュワッとあふれ出す苺と、ふわふわの羽二重餅の相性はこれ以上ないほど。餡も全体のバランスを考慮した、苺大福のためのオリジナルこし餡。当初は1日30個限定でしたが、大好評につき1日30→50個限定に増やして、バイヤーイチオシの<清月堂本店>椿通り 販売します。

まろやかなこし餡が、甘さ控えめで程よい酸味のイチゴと絶妙にマッチする<赤坂青野>。生地はあくまでも脇役として、餡といちごの邪魔にならないよう薄く柔らかく仕上げています。

<赤坂青野>
いちご大福(1個)【税込】270円/地階 和菓子
※販売期間:1月9日(火)→4月上旬まで

お餅ではなく求肥を用いた<伊勢屋>のいちご大福は、柔らかくてもっちもち。職人が手作業で練り上げた自慢のつぶ餡と、程よい酸味の新鮮な苺を、ギュッと閉じ込めました。

<深川 伊勢屋>
いちご大福(1個)【税込】280円/地階 和菓子
※販売期間:3月下旬まで

苺の大きさに定評のある<榮太樓總本鋪>のいちご大福。食べ応え抜群の大粒いちごは、糖度が高い「とちおとめ」を使用。歯切れの良いお餅とさらりとした半小豆餡が、いちごの味わいをさらに引き立てています。

<榮太樓總本鋪>
いちご大福(1個)【税込】324円/地階 和菓子
※販売期間:1月8日(月・祝)→2月14日(水)

いちご大福ではありませんが、<ずんだ茶寮>のいちご道明寺は、苺を丸ごと一粒包み込んだスペシャルな美味しさ。ほんのり塩味の桜葉と、お米のつぶつぶ食感が残る道明寺は、苺の甘酸っぱさと相性抜群です。

<ずんだ茶寮>
いちご道明寺(1個)【税込】280円/1階 和菓子
※販売期間:1月3日(水)→9日(火)