シンプルでちょうどよい暮らしに
柳宗理の鉄フライパン

シンプルで気持ちのよい生活への憧れから、断捨離、こんまり、ミニマリストが流行語になるなど、ライフスタイルが様々なかたちで見直されています。そんな価値観の変化からも、長く使えるモノ選び、半永久的に使える「鉄のフライパン」が注目を集めています。20世紀を代表する工業デザイナーの柳宗理は、家庭用品を通して「シンプルで快適な暮らし」を提唱。この「鉄のフライパン」、ただシンプルで美しいデザインで終わりません。鉄のフライパンが敬遠されるデメリット①面倒なお手入れ、②重い、③焦げつく、を克服し、使い勝手のよさを追求しIHにも対応。柳宗理の鉄のフライパンは、洗練されたデザインは発売当初から現在まで何も変わらず、実用性の面で進化を遂げています。世の中の価値観の変化とともに、今再び、柳宗理の鉄のフライパンが高く評価されてます。

〈柳宗理〉鉄フライパン ファイバーライン加工 (25cm、フタ付き) 税込5,400円 /9階 リビング

HOT TOPICS