大丸心斎橋劇場
HOME
劇場施設利用 希望者募集中
当劇場は劇場施設の使用お申込みを受け付けております。
お申込みをご希望の際は、「使用のご案内」をご参照の上、「使用申込書・
公演内容書」に必要事項をご記入いただき、劇場事務所までご郵送ください。
公演情報はこちら
座席表はこちら
貸劇場案内はこちら
座席表はこちら
HOME |公演情報
公演情報
公演内容、入場券のお求め方法などは、各お問合せ先情報をご覧ください。
当劇場でも前売券発売中 の表記がのある公演は大丸心斎橋劇場でも前売券を販売しています。
※当劇場窓口のみで、公演日前日までの販売となります。(販売時間:10時〜18時)
お越しいただいた時点で売り切れている場合がございます。その際はご容赦くださいませ。
いずれも主催者の都合により、スケジュールや出演者、内容が変更になる場合があります。
各公演とも入場券は売切れの場合もございます。前売で満席になった場合、当日券の表記があっても、
当日券は販売いたしません。また、当日入場券発売の場合でも定員になり次第、終了させていただきます。
あらかじめご了承くださいませ。
当HPに掲載していない公演もございます。
2017年11月 11月 | 12月 | 1月
1日(水)
コンサート
画像 第8回ヴィヴァ!シャンソン2017
【開演時間】
15時(開場14時30分)
【入場料金(税込)】
前売・当日券とも:5,000円(自由席)
【入場券発売窓口】
KCA事務局
TEL:06-6336-0201(10時~17時 *日祝・休)
【問合せ窓口】
KCA事務局
TEL:06-6336-0201(10時~17時 *日祝・休)
【主 催】
NPO法人関西シャンソン協会
【後 援】
日本訳詩家協会
【公式HP】
http://www.kansaichanson.com/
【主な出演者】
ヤスコWild、笠井 美幸、つのだよしひろ、上村 妙子、かとうのりこ、河野 洋一 他
【公演内容】
今年で8回目を迎えるヴィヴァ!シャンソン 
今回のテーマは「秋のシャンソン」として人生の機微をシャンソンに託してお届けします。
演奏は関西を代表するシャンソンピアニスト、立津 宏祠、米津 美香などの実力派ミュージシャンで、歌も演奏もお楽しみいただけます。
ページの先頭へもどる
2日(木)
映画

画像 大丸創業300周年記念
ワンコインシネマ in 心斎橋
『幸福の黄色いハンカチ』

【開演時間】
①11時(開場10時30分)
②15時(開場14時30分)
③18時30分(開場18時)
*16歳未満で保護者同伴でないお客様は、③18時30分からの上映回にはご入場いただけません。
【入場料金(税込)】
前売・当日券とも:500円(自由席 *各回200名様/入替制)
【入場券発売窓口】
当劇場でも前売券発売中
ローソンチケット
TEL:0570-084-005 【Lコード:56555】
【問合せ窓口】
大丸心斎橋劇場
TEL:06-7711-7600(10時~18時)
【主 催】
大丸心斎橋店
【作品データ】
製作年:1977年 日本 108分/監督:山田 洋次/配給:松竹
【主な出演者】
高倉 健、倍賞 千恵子、桃井かおり、武田 鉄也 ほか
【上映内容】
刑期を終えて刑務所から出所したばかりの男が、行きずりの若いカップルとともに妻の住む夕張へ向かう姿を描いたロード・ムービー。“自分を待っていてくれるなら、家の前に黄色いハンカチを”感動のラストシーンに涙があふれます。

ページの先頭へもどる
3日(金・祝)
朗読
画像 平成29年度(第72回)文化庁芸術祭参加公演
第13回辻ひろ子読み語りの世界
~朗読と津軽三味線の愛の口捌き、撥捌き

【開演時間】
14時(開場13時30分)
【入場料金(税込)】
前売券:3,000円
当日券:3,500円(自由席)
チケットは完売しました。
当日券の販売もございません。
【入場券&問合せ窓口】
HIROKO朗読サロン TEL:072-689-3673
【主 催】
HIROKO朗読サロン
【協 力】
サンケイリビング新聞社リビングカルチャー倶楽部、京都リビング新聞社
【後 援】
NHK文化センター大阪総支社、西宮支社、大阪よみうり文化センター、大阪シティアカデミー、大阪文化団体連合会、関西朗読家クラブ
【主な出演者】
朗読:辻 ひろ子、原田 義春(友情出演)、HIROKO朗読サロンメンバー、津軽三味線:徳田 恵美
【公演内容】
「辻ひろ子読み語りの世界」は、今年13回目です。この朗読会では毎回異なる楽器の生演奏と共に、朗読を構成していること、そして女性の生き方、女の一生にまつわる作品を取り上げることを核として続けて来ました。今年の楽器は津軽三味線で、東北岩手の宮沢賢治の作品が響き合うので、賑やかに、文学的に表現し、又、山本周五郎作品も津軽三味線をフューチャーし、朗読を大衆的に表現しようと思います。
ページの先頭へもどる
4日(土)
落語
画像 第十一回 立川談笑 独演会
【開演時間】
13時(開場12時30分)
【入場料金(税込)】
前売券:3,500円
当日券:4,000円(指定席)
【入場券発売窓口】
ローソンチケット
TEL:0570-084-005【Lコード:52290】
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999【Pコード:480-269】
イープラス:http://eplus.jp/
【問合せ窓口】
ページ・ワン
TEL:06-6362-8122(11時~18時 *土日祝・休)
【主 催】
ページ・ワン 
【公式HP】
http://page-one.jp.org/
【主な出演者】
立川 談笑
ページの先頭へもどる
8日(水)
落語
画像 桂文太落語ルネッサンス~時の旅人~
【開演時間】
18時30分(開場18時)
【入場料金(税込)】
前売券:3,000円
当日券:3,500円(指定席)
【入場券発売窓口】
チケットよしもと
TEL:0570-550-100【Yコード:505227】
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999【Pコード:481-753】 
【問合せ窓口】
チケットよしもと TEL:0570-550-100
(24時間自動音声受付/年中無休*システムメンテナンス時間は除く *オペレーター対応時間:10時~19時) 
【主 催】
吉本興業株式会社 
【主な出演者】
桂 文太、桂 小きん
ゲスト:古今亭 菊之丞
ページの先頭へもどる
9日(木)
朗読
画像 朝日カルチャーセンター 中之島 
水曜朗読教室第28回発表会

【開演時間】
13時(開場12時30分)
【入場料金】
無料(自由席)
*定員になり次第、締め切らせていただきます。
【問合せ窓口】
山中 圭子
TEL:080-1028-8993(18時30分~20時)
【主 催】
朝日カルチャーセンター 中之島 水曜朗読教室
【協 賛】
朝日カルチャーセンター、朝日JTB、交流文化塾
【主な出演者、団体】
水曜朗読教室受講生
【公演内容】
朝日カルチャーセンター 中之島 水曜朗読教室受講生の2年に一度の発表会です。笹谷 清子(元NHKアナウンサー)が朗読指導をしている各教室に於いて、通算28回目の生徒発表会になります。今回17名の朗読大好き受講生が日々研鑽の様々な作品を朗読します。是非お聞き下さい。
ページの先頭へもどる
11日(土)
コンサート
画像2017年 今年もナルシスは元気に歌います。
【開演時間】
15時(開場14時30分)
【入場料金(税込)】
前売・当日券とも:1,000円(自由席)
【入場券発売窓口】
サクセス ナルシスライブ実行委員会
TEL:06-6975-0097(10時~18時 *土日・休)
当劇場でも前売券発売中
【問合せ窓口】
サクセス ナルシスライブ実行委員会
e-mail:narciss yuhihs@yahoo.co.jp
*お問合せはe-mailでお願いします。
【主 催】
ナルシス
【主な出演者】
ナルシス
【公演内容】
「ナルシス」は元気な同級生仲間のシニアバンドです!
2015年より「大丸心斎橋劇場」のステージで毎年ライブを開催し、ご来場の皆様より多くの暖かい拍手を頂きました。私達の大きな喜びと励みとなり、今年も同劇場で単独ライブ第3幕を開く事となりました。今年もナルシスが歌う懐かしい名曲をお聞きください。
ページの先頭へもどる
13日(月)
映画

画像 大丸創業300周年記念
ワンコインシネマ in 心斎橋
『鉄道員 ぽっぽや』

【開演時間】
①11時(開場10時30分)
②15時(開場14時30分)
③18時30分(開場18時)
*16歳未満で保護者同伴でないお客様は、③18時30分からの上映回にはご入場いただけません。
【入場料金(税込)】
前売・当日券とも:500円(自由席 *各回200名様/入替制)
【入場券発売窓口】
当劇場でも前売券発売中
ローソンチケット
TEL:0570-084-005【Lコード:56555】
【問合せ窓口】
大丸心斎橋劇場
TEL:06-7711-7600(10時~18時)
【主 催】
大丸心斎橋店
【作品データ】
製作年:1999年 日本 112分/監督:降旗 康男/配給:東映
【主な出演者】
高倉 健、小林 稔侍、広末 涼子 ほか
【上映内容】
原作は浅田次郎の同名の短編小説。北海道のとある、廃止が決定したローカル線の駅舎で駅長を務める孤独な男と、雪の中その駅を訪れた少女との交流を描く。高倉健の晩年の代表作。

ページの先頭へもどる
14日(火)
映画
画像 大丸創業300周年記念
ワンコインシネマin大丸心斎橋
『英国王のスピーチ』

【開演時間】
①11時(開場10時30分)
②15時(開場14時30分)
③18時30分(開場18時)
*16歳未満で保護者同伴でないお客様は、③18時30分からの上映回にはご入場いただけません。
【入場料金(税込)】
前売・当日券とも:500円(自由席 *各回200名様/入替制)
【入場券発売窓口】
当劇場でも前売券発売中
ローソンチケット
TEL:0570-084-005【Lコード:56555】
【問合せ窓口】
大丸心斎橋劇場
TEL:06-7711-7600(10時~18時)
【主 催】
大丸心斎橋店
【作品データ】
製作年:2010年 イギリス・オーストラリア 118分/監督:トム・フーバー/配給:GAGA
【主な出演者】
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター ほか
【上映内容】
吃音に悩まされたイギリス王ジョージ6世と、その治療にあたった平民であるスピーチ矯正専門家の友情を軸に、国民に愛される王になるまでを描く実話に基づく感動作。
ページの先頭へもどる
15日(水)
コンサート
画像 チョン・テフ 5thAnniversary Tour 2017
【開演時間】
18時30分(開場18時)
【入場料金(税込)】
前売券:5,000円
当日券:5,500円(指定席)
【入場券&問合せ窓口】
オフィス・チャンスー
TEL:03-6413-8705(11時~19時)
【主 催】
㈲オフィス・チャンスー
【公式HP】
http://jungtaehu.com/
【主な出演者】
チョン・テフ
【公演内容】
日本デビュー今年で5年目を迎え、8月23日第5弾シングル「帰れないふたり」を掲げての全国8都市でのライブツアーを実施。オリジナル楽曲をはじめダンサブルな曲や10月にリリース予定のアルバム チョン・テフ カバーコレクション 「サラン エ GIFT」からも選曲、パワフルで華麗なパフォーマンスを披露致します。
ページの先頭へもどる
18日(土)
舞踊と朗読
画像 幕末明治維新 百五十年 大阪維新物語 語りと舞踊で描く「花外楼夢譚」、講演「北浜の維新」
【開演時間】
14時(開場13時30分)
【入場料金(税込)】
前売・当日券とも:3,000円(指定席)
【入場券&問合せ窓口】
NPO「平成上方文化を創る会」
TEL:090-1226-4454
当劇場でも前売券発売中
【主 催】
NPO「平成上方文化を創る会」
【公式HP】
http://www.yuukiza.com/npoindex.html
【主な出演者】
藤間 遊子、未知 悠之介、桂 三象
ゲスト:橋爪 淳
【公演内容】
「花外楼夢譚」
舞台は北浜の料亭「花外楼」。幕末・維新は猫ブーム。猫娘「お玉」を狂言回しに「大阪会議」前夜、そして当日を描く創作夢物語。
ゲスト出演・橋爪淳が、木戸孝允 五代友厚の心の内を語ります。
流行り唄の踊りを多く取り入れた、楽しい舞台です。
又、「講演・北浜の維新」で、歴史を楽しく語ります。
ページの先頭へもどる
25日(土)〜
12月3日(日)
演劇
画像 OSK日本歌劇団『Dracula(ドラキュラ)』
【開演時間】
25日(土)
①12時(開場11時30分)、②16時(開場15時30分)
26日(日)
①12時(開場11時30分)、②16時(開場15時30分)
27日(月)
①14時(開場13時30分)、②18時(開場17時30分)
28日(火)
①12時(開場11時30分)、②16時(開場15時30分)
29日(水)14時(開場13時30分)
30日(木)
①14時(開場13時30分)、②18時(開場17時30分)
12月1日(金)
①12時(開場11時30分)、②16時(開場15時30分)
12月2日(土)
①12時(開場11時30分)、②16時(開場15時30分)
12月3日(日)
①12時(開場11時30分)、②16時(開場15時30分)
【入場料金(税込)】
前売券:SS席:7,500円、S席:6,000円、A席(自由席):4,000円、A席学割(自由席):2,000円、U-25(S席):5,000円、はじめて割(S席)2名様:6,000円、学生3人割(A席)3名様:4,500円、平日限定コスプレ席(S席):5,000円、平日限定コスプレ席(A席):3,000円
*当日券はそれぞれの料金に500円加算されます。
【入場券発売窓口】
OSK日本歌劇団
TEL06-6251-3091(10時~17時 *土日祝・休)
www.osk-revue.com(PCのみ)
ローソンチケット
TEL:0570-084-005【Lコード:53616】
チケットぴあ TEL:0570-02-9999【Pコード:480-119】
【主催&問合せ窓口】
OSK日本歌劇団
TEL:06-6251-3091(10時~17時 *土日祝・休)
【公式HP】
http://www.osk-revue.com/2017/06/16/dracula.html
【主な出演者】
悠浦 あやと、恋羽 みう、愛瀬 光/朝香 櫻子(特別専科)他
【公演内容】
19世紀ロンドン。大学で歴史を教えるジョナサンは、ヴラドと名乗る青年に出会う。世界中を旅しているというヴラドに不思議な魅力を感じたジョナサンは、婚約者ミーナを紹介する。その日より街に若い男女の失踪事件が続発し、あるときミーナも姿を消した。ジョナサンは必死に行方を捜索し事件の解明に乗り出すのだが、結果、ヴラドの真実の顔を見ることになる。
実はヴラドは400年前、龍(ドラゴン)のごとき戦いぶりからドラキュラと異名をとったワラキア国の王であり、不慮の死を遂げた愛妻の面影を追い、人の生き血を吸い命ながらえていた。
ページの先頭へもどる





 
(C) Daimaru Matsuzakaya Department Stores Co.Ltd. All Rights Reserved.