美人画展 ~What’s Beauty~

■10月27日(水)→11月2日(火)〈最終日は午後4時閉場〉

江戸時代の浮世絵の流れを汲む日本の美人画は、一時期アニメやグラビアの台頭で「美人画空白時代」と呼ばれましたが、近年は愛好家も増え、書籍や雑誌の特集では美人画ブームとして取り上げられる機会も多くなっています。
本展では、 現代女性画家による次世代へと続く新たな美人画と昭和以後の伝統的な近代美人画の作品の数々を一堂に展覧いたします。技法や異なる着想で描かれた美人画の今と昔を通じて、変わらぬ女性の「美しさとは何か」を問いかけます。
ぜひご高覧ください。

藤田嗣治 「横向きに坐る婦人像」
藤田嗣治 「横向きに坐る婦人像」
55.4×56.cm
紙本・鉛筆・東美鑑
税込6,930,000円
岡本東子 「不撓の花」
岡本東子 「不撓の花」
15号(65.2×50.0cm)
日本画
税込594,000円
蒼野甘夏 「As time goes by」
蒼野甘夏 「As time goes by」
10号(53.0×45.5cm)
日本画
税込440,000円