画業25周年記念 佐藤潤絵画展

■7月15日(水)→21日(火)
〈最終日は午後4時閉場〉

心安まる動物たちの世界を華やかに描く画家、佐藤潤。
今年は画業25周年を迎え、益々精力的に活動している。「新たなる花鳥百獣の世界」をテーマに、動物にまつわる吉祥や風習、縁起物等を取り入れた動物画は明るく独創的。最新作を含む約30点を出品。

●作家来場
7月17日(金)・18日(土)・19日(日) 午後1時~5時

img1
「鳳凰群鳥図」 20号 竹紙 税込1,320,000円
img2
「風神雷神」 20号 竹紙 税込1,320,000円
img3
「馬尽し」 7号 竹紙 税込462,000円
img4
「架鷹図」 7号 竹紙 税込462,000円

プロフィール

  • さとう じゅん
  • 1970年 大阪市生まれ。京都精華大学美術学部卒業。
  • 1995年 京都にて初個展。北海道~沖縄の全国各地の有名百貨店の美術画廊にて個展を多数開催。
  • 2009年 アメリカの大手パズルメーカーCEACO社(~2012年)、STAVE社、その他多数の作品が商品化。
  • 2016年 MBSテレビ「京都知新」に出演。
  • 2018年 daegu art fair 2018(korea)にて作品展を開催。
  • 2019年 NHKワールドジャパン「CORE KYOTO」に出演。
  • 書籍の表紙絵や中学校の国語の資料集などに作品が起用されている。
    環境への取り組みとして画紙には再生力の高い竹100%の手漉き和紙「竹紙」を使用している。