久保田烈工 陶展 -青白光の澄明-

■4月8日(水)→14日(火)
〈最終日は午後5時閉場〉

この度、心斎橋店におきまして数年振りの個展を迎えさせて頂き、誠に幸せに存じます。
デビュー以来42年間、熊本県人吉市で、青白磁・白磁の世界を創造して参りました。お蔭をもちまして、令和元年度地域文化功労者 文部科学大臣表彰を賜りました。
天草陶石を原料に、彫刻、釉象嵌、掻き落とし等の技法を用いて磁器のもつ固いイメージをより柔らかい形体へと作り上げることに力を注いで参りました。 フォルムに工夫を凝らし、彫りや釉薬で変化を出しながら表現し続けております。窯を焚き上げ、その窯出しで成功しているか否かを見極めて完成品となります。
この試行錯誤の一連の流れの中で新しい作品との出会いに悦びが生まれます。素晴らしいギャラリーで、皆様にお目に掛かれることを楽しみ致しております。

久保田烈工 拝

img4
「青白磁 線文壺」 28×28×27.5cm 税込550,000円
img1
「青白磁 釉象嵌線彫文花器 」 39.5×39.5×39.5cm 税込1,320,000円
img2
「萌磁 流線文水指」 17.3×17.3×18.5cm 税込286,000円
「萌磁 流線文茶盌」 11.8x11.8x8.5cm 税込143,000円
img2
「青白磁 ぐい吞」 7.5×7.5×5.5cm 税込22,000円
「青白磁 線文板皿」 23×23×1.0cm 税込22,000円

プロフィール

  • KUBOTA REKKOU YASUYOSHI
  • 1952 熊本県人吉市出生
  • 1978 大阪芸術大学卒業
  • 1980 第27回 日本伝統工芸展 初出品入選 県美展35周年記念賞
  • 1981 熊日総合美術展 熊本県賞
  • 1982 九州・山口陶磁展 第1位・文部大臣奨励賞 佐賀県立九州陶磁文化館収蔵
  • 1983 日本工芸会正会員認定
  • 1984 熊本県美術家連盟展 平山賞 県立美術館収蔵
  • 1985 西部工芸展 20周年記念 正会員特別賞
  • 1990 九州・山口陶磁展 第1位・文部大臣奨励賞 佐賀県立九州陶磁文化館収蔵
  • 1995 ロックフェラー奨学基金オークション展 出展
  • 1998 熊本県立美術館友の会賞 県立美術館収蔵
  • 2001 日本陶芸展 優秀作品賞毎日新聞社賞 県立美術館収蔵
  • 2002 くまもと県民文化賞 特別賞 ・ 熊本県文化懇話会賞
  • 2005 日本陶芸展 招待出品
  • 2008 西部伝統工芸展 朝日新聞社大賞
  • 2009 「工芸のいま伝統と創造」 九州国立博物館出展
  • 2010 雅号を「烈工」(REKKOU)、 屋号の鳥ヶ丘窯を改築窯名の「悠斗窯」とする
  • 2011 第46回 西部伝統工芸展 日本工芸会西部支部長賞
  • 2012 日本料理「弁慶」懐石と器 ホテル日航熊本 開業10周年記念展
  • 2015 第23回 日本陶芸展 入選 (計11回) ・ 悠斗窯「熊本県伝統的工芸品」指定される
  • 2019 第66回 日本伝統工芸展入選 (計35回) ・ 令和元年度地域文化功労者 文部科学大臣表彰
  • 現在 日本工芸会正会員