九谷 木戸優紀子 染付優細描展

■4月22日(水)→28日(火)
〈最終日は午後5時閉場〉

細筆一本で線を重ねたり密集させることで染付の濃淡を表現。
淡く繊細な印象ではあるが、心に響く作品づくりを心がける。

img4
「和紙白漆染付優細描 平盃」8.0×4.0cm 税込71,500円
img1
「染付優細描鎬浅鉢 花鳥」18.0×6.0cm 税込26,400円

プロフィール

  • 木戸優紀子 (きど ゆきこ)
  • 2001 創作家 能川富美子氏に師事 主にデッサンを学ぶ
  • 2005 「妙泉陶房」山本長左氏(宮内庁御用達作家)に師事 主に染付を学ぶ
  • 2008 独立 自宅にて制作に励む
  • 2011 創造展「染付柘榴十八角陶筥」スポンサー賞 以後、連続受賞・入選
  • 2018 石川の伝統工芸展 入選
  • 2019 伝統工芸士(加飾部門) 認定、北陸創造展 北國新聞社長賞、石川の伝統工芸展 入選、日本伝統工芸展 入選