DAIMARU

大丸心斎橋店

美術画廊
美術画廊

美術催しのご案内
美術催しのご案内

●木彫雛人形展
◆1月9日(水)→15日(火)

800年の伝統を受け継ぎ、春日大社の五穀豊穣を祈願した奈良一刀彫は、独特の鋭いノミ跡が見せる稜角と面、そして金箔・岩絵の具で彩られた微細で華麗な図柄との調和の美しさが特徴です。
モチーフは、干支、雛人形、五月人形など伝統の上にも新しい意匠を盛り込んだ数多くの名作が生み出されています。
今回の展覧会では雛人形を中心に五月人形等約30点展観致します。
初節句のお祝いや季節のお飾りとして喜ばれております。

高橋勇二「立雛あきしの5号」
男雛高さ約21cm 女雛高さ約18cm
税込334,800円


●マイセンとセーブル、アンティーク名窯展
◆1月16日(水)→29日(火)

その昔ヨーロッパ王侯貴族は芸術に多大な関心を寄せ、磁器の蒐集は富と権力教養の象徴であり、その製法は謎に包まれ秘法解明に躍起となっていました。長い研究の末、1710年にマイセンはヨーロッパ初の硬質磁器の焼成に成功しました。
磁器は華やかな時代と共に歴史上欠くことの出来ない芸術へと昇華します。 後にセーブルはフランスが誇る国立窯として装飾品や食卓を彩る食器の宮廷様式を確立します。
本展では、歴史に培われた磁器の世界、マイセン、セーブルを中心とする18世紀から、20世紀初頭のアール・デコ期までの飾壷、人形、テーブルウェア等、再現する事が難しい技術や造形を施した作品を出品いたします。
時代を超えてもなお、人々を魅了し続ける絢爛華麗な磁器の魅力をご覧ください。


マイセン「狩猟の置時計」
1860-80年 高さ72cm 税込7,344,000円


マイセン「忘れな草付2人用キャバレイセット」
1860-80年 税込3,888,000円



マイセン「3匹のパグと子供群像」
1894-1910年 高さ9cm 税込1,512,000円


マイセン「昼と夜の人物像対」
1860-80年 高さ約35cm 税込4,320,000円



セーブル「金彩花のガーランドデザートセット」
1852-55年 税込1,944,000円


セーブル「アガサブルー地金彩花のガーランドティー&コーヒーサービス」 1838年 税込7,344,000円


●春の茶の湯道具逸品展
◆1月30日(水)→2月5(火)

茶の湯の伝統を受け継ぎ、わび、さびの世界の中で年輪をかさねてきた道具、千家御家元書付作品、千家十職作品等百余点を展示致します。 立札式による呈茶席もご用意いたしております。皆々様のご来店をお願い申しあげます。

十二代中村宗哲
「高台寺蒔絵三重菊黒大棗」鵬雲斎大宗匠御書付
径7.5×高さ10.0cm
税込2,160,000円


spacer

ページ上部へ