美術画廊
美術画廊


美術催しのご案内
美術催しのご案内

●櫻井聡(さくらい あきら)油彩画展
◆7月31日(水)→8月6日(火)

渓谷の水の流れや木々からもれる光と空気感に魅せられて日本の渓流を描いています。 爽やかな風景画の数かずをご覧ください。
1973年生まれ 1996年 京都市立芸術大学卒業
★作家連日来場予定

「竹と渕」
20号S 税込864,000円


●沖谷晃司・前田恭子・魚住侑子 日本画三人展
◆8月7日(水)→13日(火)

30代、40代の若き日本画家たちをご紹介いたします。
生まれ育った環境が違う彼らが<日本画>というフィールド上で出会い、新しい表現を求めて描く作品には、熟成とか到達というイメージとは異なりますが、キラリと光るものを感じさせます。それぞれの感性と技術で描かれた日本画を出品いたします。


前田恭子 「涼風(カリガネソウ)」
縦45.4×横15.8㎝


魚住侑子 「ほどける」6F


沖谷晃司 「桜色の娘」3F


●夏の絵画大感謝祭
◆8月14日(水)→20日(火)

北館7階にて壮大なスケールで開催中の「絵画・工芸品 世界のアートコレクション」、「売り納め」との特別連動企画といたしまして「夏の絵画大感謝祭」を開催いたします。
日頃のご愛顧に感謝いたしまして国内外の巨匠・人気作家の絵画・版画作品を税込39万円(サンキュー)と税込9万円(なっとク)の均一お値打ち価格にて展示即売いたします。
この機会をお見逃し無く、ご来場賜りますようご案内申しあげます。

中島潔「風の想い」
31.5×43cm 木版画
税込90,000円


●森重陽子楽しみの書画と書展
◆8月21日(水)→27日(火)

言葉は生きている、心がつながっていく。
楽しみの書画は日常の中から生まれる何気ない言葉にあたたかい絵を添えて、和紙や木、陶器などに自由に表現。
また同時にデザイン性を感じさせそばに置きたくなる書も多数出品いたします。
癒しと励ましのエネルギーが溢れる森重陽子の世界をお楽しみください。

「心動く」
横93×縦35×幅5cm
税込84,000円


●秋の茶の湯道具逸品展
◆8月28日(水)→9月3日(火)

日本の伝統を受け継ぎ、わび、さびの世界の中で年輪を重ねてきた茶の湯のお道具、千家御家元様書付もの千家十職作品など茶道具の逸品を一堂に展観いたします。

「真形釜 古芦屋」 大西浄雪極


●二代 西頭哲三郎 博多人形展 ~白肌の伝統美~
◆9月4日(水)→10日(火)

なめらかな肌に優美な表情をたたえる博多人形。
その伝統の技に現代感覚を吹き込む独自の作風を構築した二代西頭哲三郎。
繊細に描かれた女性像や四季折々のモチーフ、金箔、銀箔仕様の品格漂う煌びやかな雛人形、歌舞伎や能をはじめとした様々な題材の掛軸やタペストリー、愛らしい表情の童ものなど、約百点をご紹介いたします。
色を重ね、想いを重ね、匠の技から生まれた表情豊かな逸品をお楽しみください。

「墨客」(ぼっきゃく)
高さ23㎝ 税込1,620,000円


●紙の昆虫たち展 斉藤卓治 斉藤健輔
◆9月11日(水)→14日(土)

紙から生まれた昆虫たちの世界です。
樹液のお酒を皆で楽しく飲んだり 花火を見たり。小さなアリンコから大きなカブトムシまで居る様々な昆虫たちのユカイな暮らしを紙で表現しました。
また、シワバネクワガタやダンゴムシ、ウガンデンシスはナムグリなどなど、つつくと動きだしそうな本物さながらの昆虫たちも沢山います。
併せて今年は、カエルやヤドカリたちも多数登場しますのでお楽しみに。

「花火大会」紙細工
322*272*50mm
税込97,200円


spacer