〈美術画廊〉7月のご案内

8階 美術画廊

7月の展示販売のご案内

美術画廊の営業時間/午前10時〜午後6時(最終日は午後5時閉場)

※都合により、タイトルや内容、営業時間などが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

6月22日(水)→6月28日(火)

オールドバカラ展

1764年の誕生以来、王侯貴族の御用達としてこよなく愛されてきたバカラは、高い技術と美しいデザインを持つクリスタルガラスにより、今なお世界中に多くのファンを持っています。今展では、19世紀末から20世紀初頭にかけてのアール・ヌーヴォー期の作品を中心に約50点を展示販売いたします。

#

「アイリス文花瓶」高さ 29.7㎝ 1900年頃

6月29日(水)→7月5日(火)

ー群青の記憶ー 三谷佳典 日本画展

数々の賞を受賞し、注目を受ける札幌在住の日本画家・三谷佳典氏。今展では群青色を基調に紡がれた最新作を一堂にご紹介いたします。深みのある青の階調が生みだす静謐な世界をお楽しみください。

#

「寒月」日本画・33.3×53㎝

7月6日(水)→7月12日(火)

現代アートコレクション

バンクシー、KAWSなど話題の人気作家から、上須元徳、金田涼子など注目の新進作家まで、今展では現代アートにスポットを当て、約30点の作品をご紹介いたします。どうぞこの機会にご来場ください。

#

上須元徳「Seven-Eleven」2021年 アクリル・45.5x38cm

7月13日(水)→7月19日(火)

ー感動のあとかたー次世代を担う新進作家 4人展

壁面からの共鳴、動物への畏怖、未知なる生命へのエネルギー、森羅万象からのいぶき・・・ 今展では、次世代を担う表現者、阿部穣、金丸悠児、須藤和之、名古屋剛志による作品をご紹介いたします。どうぞ4作家による感動の「あとかた」をご覧ください。

#

須藤和之「峡のほとり」日本画・6号

7月20日(水)→7月26日(火)

掌展 TANAGOKORO-TEN

今展では、立体作品を制作するアーティストを中心にご紹介いたします。多くの日本人が古来より親しんできた木材や鉄に加え、近年用いられるようになった樹脂素材まで、多岐にわたる作品約40点を展観。きっとお気に入りの作家、作品が見つかることと思います。

出品予定作家
野原邦彦、田島享央己、野村直城、板垣真実、内田佳那 ほか※都合により予定に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。

#

田島亨央己「イカピエタ」2021年 FRP(限定40)・33×22.5×21cm

7月27日(水)→8月2日(火)

ー自然と向き合い語り続けるー秋山巌・豊英 木版画二人展

棟方志功に師事し、山頭火の俳句と、遊び心溢れるフクロウを生涯にわたり版木に刻んだ故・秋山巌氏。小動物を題材にした素朴でユニークな多色刷り木版画が人気の秋山豊英氏。親子二人による個性豊かな木版画の世界をどうぞお楽しみください。

#

秋山巌「兄弟」木版画・51×82㎝

#

秋山豊英「22' カエル Ⅰ」木版画・47×30㎝