ホーム  > こだわり男のMADE IN JAPAN

こだわり男のMADE IN JAPAN

(2016年4月 6日 18:30更新)

こだわり男の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。

突然のことではありますが、ブログを書いておりました

前任者Mに代わりまして、三代目記者私Eが担当させてきます。

今後とも宜しくお願い致します。


さて、北海道も気温が少しずつ上がり、雪解けも進んできており、

春への準備が始まってきています。

そんな皆様へ、衣替えや暖かくなってきた

この時期にオススメの商品をお伝え致します。
紳士靴売り場から

質の高さとデザイン性を兼ね備えた日本製のビジネスシューズです。


一つ目にご紹介させていただくのは、〈MIYAGIKOGYO〉(宮城興業)です。

1941年に宮城県仙台市で軍靴製造業としてスタートしました。

本場イギリスのグッドイヤーウェルト製法をいち早く取り入れ

オーセンティックなスタイルを日本的な木型やパターンでアレンジし、

日本に定着させたことでも有名な老舗のファクトリーです。


宮城興業 BENIBANA 左DBR 右BL 56,160円(税込)


二つ目は、〈PERFETTO〉(ペルフェット)です。

紳士靴ファクトリーであるピナセーコーの自社ブランドで

ロングノーズに象徴される美へのこだわり

色気のある仕上がりのカラーが秀逸で

まさにこだわり男の皆様にはもってこいの一品です。

黒も良いのですが、個人的には茶色の色彩感がおすすめです。


ペルフェット PD16013 左DBR 右BL 55,080円(税込)


三つ目は、〈OTUKA+A〉(オオツカプラスエー)です。

日本人にあった木型を使用しており、

アッパーの色彩は日本の雅さを感じさせる深いトーンの中に色味を意識して調合されている。
その中でも、従来のグッドイヤーウェルト製法とは違い、

革リブを使うことで返りのよさを実現。

更に革にはアノネー社の革を使用しており、上質な仕上がりになっています。

OTUKA+A DM-102 左DBR 右BL 52,920円(税込)


最後に、〈INCONTRO〉(インコントロ)です。

秋田県にファクトリーを構え、

名だたるブランドのOEMによって培われた技術力を生かした

宮崎製靴の自社ブランドです。

フレックスグッドイヤーを採用した今回の靴は、

アッパーの艶感が抜群な仕上がりになっています。

さらに、ソールには富士山や桜をモチーフにしたものを採用し、日本の美意識をアピールしております。

INCONTRO 65621 左DBR 右BL 49,680円(税込)


この機会にぜひ、日本の技術がつまった一足を見にいらっしゃって下さい。

記事一覧

RSSリーダーで購読する