ホーム  > 男のクラッチ!いつ買うの?今でしょ!

男のクラッチ!いつ買うの?今でしょ!

(2014年8月20日 17:19更新)

ブログをご覧の皆さんこんにちは!
気づけば、8月も後半に差しかかっていますが、
まだまだ暑い日が続いていますね。

しかし、コンビニではおでんの販売が始まっていたりと、
秋の訪れは近いようです。
やはり、私の中では大根が不動の1位です。

さて、今回のブログは昨今のファッションにおけるキーアイテム
「クラッチバック」をピックアップです。
タイトルに関しては、今更感が強いですが使ってみました(笑)

現在、レザーグッズゾーンにおいてクラッチゾーンを展開しております。
ビジネスシーンやバックインバックとしても使えますが、
最近は単体持ち&カジュアルに合わせるのがトレンドですよね!
<Cisei> イタリアのフィレンツェ在住のデザイナー、太平智生氏が2006年自らが誕生させたブランド<シセイ>。

まずはこちら。
<Cisei> イタリアのフィレンツェ在住のデザイナー、太平智生氏が2006年自らが誕生させたブランド<シセイ>。
品番934 税込39,960円
<Cisei>
イタリアのフィレンツェ在住のデザイナー、太平智生氏が
2006年自らが誕生させたブランド<シセイ>。
「Simple is the best」という言葉がこんなにも似あう鞄が他にあるのか、という程の
見た目はスッキリしていますね。
表はカーフレザー(牛革)を使っており、吸い付くような肌馴染みです。
<Cisei> イタリアのフィレンツェ在住のデザイナー、太平智生氏が2006年自らが誕生させたブランド<シセイ>。
内側の革は上質なピッグスキン(豚革)を使っており、こちらもこだわっています。

<Cisei> イタリアのフィレンツェ在住のデザイナー、太平智生氏が2006年自らが誕生させたブランド<シセイ>。
白のステッチも丁寧に縫われていますね!
同ブランドでバックインバックとして使うのもよしです!
<Cisei> イタリアのフィレンツェ在住のデザイナー、太平智生氏が2006年自らが誕生させたブランド<シセイ>。
トートバック-品番:941 税込95,040円

つづいてこちら。
アニアリ
品番:02-08000  税込22,680円
こだわり男の皆さんにはすっかりお馴染みとなった日本のブランド<アニアリ>。
クラッチもしっかりと作っています。
こちらはキップレザー(牛革)にワックス仕上げをしたものなので、
光沢感がありますよね。
また、A4サイズの書類も入るサイズでビジネスにもバッチリです!
税込
内側はポケットが充実していて、柄もカモフラと言うことなしですね!

まだまだいきます!

ペッレ・モルビダ
品番:PMO-MB027 税込29,160円
こちらも何かと話題の最注目ブランド<ペッレ・モルビダ>のクラッチ。
180度開くのと、ハンドルが付いているのが嬉しいですね。
ペッレ・モルビダ

最後はお馴染み<オロビアンコ>
オロビアンコ
品番:MOBUATA-A 税込19,440円
オロビアンコにもクラッチがあるのかと以外に思う方も多いかもしれませんね。
オロビアンコらしくリモンタ社製のナイロン素材を使っています。
こちらは、中に入れる物量によってサイズを変更できます。

オロビアンコ
リボンの間に手を入れられるようになっているので、持ちやすいですよ!

オロビアンコ
こだわり男の皆さん、
既にクラッチバックを使われている方は新しい物を、まだチャレンジしたことない方は
この機会に是非!
マネキンの様に、この秋冬はクラッチ片手に
パーティーなどに行ってみてはいかがでしょう?

次回
Kによる最後のブログ!?
(ブログ自体がなくなるわけではありませんのでご安心を)


記事一覧

RSSリーダーで購読する