Feature

2018クリスマスギフト座談会
男性へのおすすめプレゼント

今年もクリスマスが近づいてくる中、大切な方へのプレゼントは誰も迷うことと思います。今回は紳士ショップの担当者に集まっていただき、男性へのおすすめプレゼントについて語っていただきます。

まずは、参加ショップから自己紹介をお願いします。

〈アラミス〉佐藤(以下、佐藤)

ブランドが対象としている層は、所謂「アクティブシニア」と呼ばれる層です。仕事を引退した後も自分の趣味や家族との時間を充実させるためのアイテムを企画しています。商品の特徴としては、全体の8割から9割程が日本製であるということです。国産ニットの会社では比較的歴史のあるブランドであると思います。本国はイタリアでブランド名称は「三銃士」に登場する人物が由来となっています。カジュアルアイテム全般を手がけていますが、元々はニットからスタートしているのでニットアイテムは得意分野です。

〈タケオキクチ〉熊谷(以下、熊谷)

ブランド自体はその名の通りデザイナーの菊池武夫が手がけているということで、日本人の体形や感性に合ったモノづくりがコンセプトのブランドです。色気と遊び心をテーマにしていて国内で100店舗以上ショップがありますので、どこかで見かけたことがあるという方も多いかもしれませんね。カジュアルからビジネスアイテムまでトータルで手がけており、窓口が広いもの特徴です。

〈ガンゾ〉奥山(以下、奥山)

ターゲットは非常に幅広く10代からシニアの方までが対象です。〈ガンゾ〉はAJIOKAという皮革製品のメーカーが展開している、オリジナルの最高級ブランドです。90年代後半に誕生したばかりで比較的新しいブランドになります。皮革は世界各地から買い付けを行い、日本の職人が作っています。

紳士雑貨売場 前田(以下、前田)

私が担当している売場はネクタイやワイシャツなどアイテムごとに提案を行っている売場です。それぞれのアイテムごとに国産で品質にこだわって作られた物や各ブランドの品物、海外からのインポートブランドの品物など、多種多様な品揃えをしています。

最近のクリスマスなどのギフトで何か特徴的な傾向はありますか?

佐藤 ブランド自体の年齢層が高いというのもあるのですが、ニットといえば丸首かVネックという選択が一般的です。ただ、ギフトで選ばれるのはショールカラーであったりハイネックといったデザインを選ばれる傾向が出てきています。

ベーシック以外の方が好まれるということですか。

佐藤 ジップアップやボタン使いのニットなど自分では選ばないけど、プレゼントされれば着てみるという側面があるのかもしれませんね。そういう意味では今の世代の方は、前の世代に比べるとファッションを楽しんでいると言えるのかもしれません。

熊谷 サプライズでプレゼントするというのもあるにはあるのですが、最近はプレゼントする側とされる側で来店されるケースが目立ちます。本当に本人が欲しい物をプレゼントしたいということの現われなかと思います。

奥山 最近の若い方はあまりお金を使わないというイメージがあると思うのですが、10万円クラスの革小物をギフトで購入されるケースもあります。本当に良い物には、思い切ってお金を使うという傾向は若い方にもあるように思えます。

前田 少し前まではブランド指名買いしていくケースが多かったのですが、最近はオリジナルブランドでも品質が良いものが好まれる傾向にあります。後は、マフラーなどの限られたアイテムになりますが、夫婦やカップルで兼用するという視点で買って行かれるケースも目立つようになってきました。

有難うございます。メンズというとあまり代わり映えしないというイメージがあるかもしれませんが(笑)、傾向に変化は出ているのですね。今回お持ちいただいたアイテムは大きく分けると、「セーター」「マフラー」「革小物」になりますね。それぞれのアイテムごとにご紹介いただきましょうか。

まずはセーターから。〈タケオキクチ〉から持ってきてもらったセーターは素材は何ですか?

〈タケオキクチ〉
カシミヤセーター
税込 20,520円
サイズ M-LL

熊谷 こちらはカシミヤ100%のものです。全部で7色展開しています。カシミヤ100%の割りには、値段は抑え目となっています。厚すぎず、薄すぎない素材感で仕上げているので、1枚で着てもジャケットやブルゾンのインナーで着ても様になります。

シルエットは細身の感じですか?

熊谷 最近のトレンドを反映して、ややゆったりとしたシルエットになっています。そういう意味で幅広い年齢層におすすめできますね。

佐藤 〈アラミス〉は、何点かセーターを持って来たんですが・・・。まずはこの4者混ニットです。

〈アラミス〉
① ショールカラーセーター 31,320円
② クルーネックセーター 30,240円
③ カシミヤ100%セーター 48,600円
④ Vネックセーター 30,240円
⑤ タートルネックセーター 30,240円

佐藤 ウール100%に比べて非常に発色が良いんですね。シルクが入っているので光沢感があります。後はタスマニアウール100%のセーター。こちらは毎年定番で作っているタイプです。毎年デザインは少しずつ変えていっていますが、織り方にアクセントをつけて、ブランドのテーマであるエレガンスを表現しています。最後はカシミヤ素材のセーターです。4万5千円で出していますが、東洋紡糸という歴史ある紡績会社のカシミヤを使っています。かなり地厚ですが軽くて暖かいですよ。

細かい点はかなり拘っていますね。〈アラミス〉を購入されるお客様の年齢層から考えると、ベーシックすぎないモノ作りが良いのかもしれませんね。

では、マフラーですね、まずは〈タケオキクチ〉

〈タケオキクチ〉
カシミヤ100%マフラー
税込 16,200円
サイズ 30cm × 160cm

熊谷 マフラー自体は10種類くらいあるのですがその中でもピュアカシミヤ100%のものを持ってきました。無地ではなくチェック柄で作っているので、冬場のコートやアウターは無地の物が多くなるのでコーディネートのアクセントにも使いやすいのではないでしょうか。

紳士雑貨売場のおすすめマフラーは?

カシミヤ100%マフラー
税込 小 11,800円 / 大 14,040円
サイズ 小30cm × 158cm / 大 40cm × 165cm

前田 雑貨売場ならではですが、色・柄が豊富に揃えているのが特徴です。小さいタイプはコートのインナーにちょうど良いサイズですね。今年のおすすめはこちらの大判のタイプです。首元にボリュームを持たせるコーディネートが今年らしいと思います。トレンドの英国柄で提案をしています。男女兼用で使えるからと買って行かれる方も多いですよ。

マフラーだとやっぱりカシミヤがおすすめなんですか。他にもウール素材などもありますが。

前田 ウールも素材感が出て良いのですが、巻いているとチクチクするという声は多いですね。その点からも素材はカシミヤを使ったものがおすすめです。

最後は革小物は〈ガンゾ〉ですね。

〈ガンゾ〉
① キーケース 18,360円
② 長財布 シェルコードバン 96,120円
③ 名刺入れ シェルコードバン 41,040円
④ 長財布 ブライドルレザー 42,120円

奥山 アメリカのホーウィン社のシェルコードバンを使用したものがこちらの長財布と名刺入れです。革の素材を生かした作りで、表面のザラツキや血筋をそのまま残しています。革が好きな方にはこちらが特におすすめです。キーケースは国産のコードバンで、こちらは表面がつるっとした素材感で仕上げています。触った感じは全然違いますよ。表面が白っぽい長財布はブライドルレザーのタイプです。白いのは蝋を塗ったいるためです。こすると消えるのですが、使っているうちにしみ込んで、非常に光沢感が出てきます。

佐藤 男性ってこういう経年変化を楽しむものって好きですよね。自分好みに育てていくというか・・・

前田 内側のヌメ革も使ううちに味が出て行きそうですね。〈ガンゾ〉の財布で何年も使ったのを見ると、味が出ていて本当に良いんですよ。

最後にギフトを選ぶポイントを。

佐藤 男心をくすぐるというか、拘りがあるアイテムを選ぶと男性は喜びますよ。

奥山 少し値段は高くても、長く使える物をプレゼントする方が、結局はコストパフォーマンスは良いんじゃないでしょうか。

熊谷 可能であれば、差しあげる方と一緒に来て、本人に似合う物を一緒に選ばれると、プレゼントする過程も楽しめると思います。

有難うございました。さて、今回はクリスマスに向けておすすめのアイテムを紹介させていただきました。ギフト選びの参考にしてみてくださいね!