かこさとしの世界展 The World of Satoshi Kako だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合! 2019年10月30日(水)→11月18日(月)

かこさとしの世界展
The World of Satoshi Kako
だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

会期

2019年10月30日(水)→11月18日(月)

会場

大丸ミュージアム〈京都〉[大丸京都店6階]

入場時間

午前10時→午後7時30分(午後8時閉場)
※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)

入場料<税込>

一般1,000(800)円
大高生800(600)円
小中学生400(300)円

※( )内はご優待料金です。 前売および10名様以上の団体。大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証をお持ちの方。

※前売券は、大丸京都店7階商品券売場、およびセブンチケット(http://7ticket.jp)にて発売。

※障がい者手帳(身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、小児慢性疾患手帳、被爆者健康手帳)、特定疾患医療受給者証をご提示の方、およびその介添えのための同伴者1名様まで無料でご入場いただけます。

展覧会の内容

1926年、福井県に生まれたかこさとし(加古里子)は、日本を代表する絵本作家としてその作品は多くの人々に親しまれています。1959年、32歳の時に最初の絵本『だむのおじさんたち』(福音館書店)を出版し、92歳で亡くなるまで、実に600冊を超える著作を残しました。楽しいお話が展開する『だるまちゃんとてんぐちゃん』、『からすのパンやさん』といった物語絵本から、『かわ』、『地球』、『海』といった好奇心や探究心を伸ばす科学絵本まで、広く深いその創作の世界は、子どもたちの心を豊かに育んできました。

2018年、惜しまれながら亡くなったかこを偲ぶこの展覧会では、少年の頃に描いた絵からはじまり、最後の絵本となった『みずとはなんじゃ?』(2018年小峰書店)まで、これまでほとんど公開されることのなかった自画像などの絵画作品、人気絵本の原画や資料が一堂に会します。デパートを舞台にした『とこちゃんはどこ』の下絵も初公開。さらに京都特別展示として、「京都三大祭」を描いた貴重な絵本原画も並びます。大人も子どもも心震わす、発見とときめきに満ちた「かこさとしの世界」をお楽しみください。

からすのパンやさん一家 2011年頃
からすのパンやさん一家 2011年頃

『とこちゃんはどこ』下絵 1973年 福音館書店
『とこちゃんはどこ』下絵 1973年 福音館書店

『とこちゃんはどこ』 1973年 福音館書店
『とこちゃんはどこ』 1973年 福音館書店

『こどもの行事しぜんと生活 5月のまき 祇園祭』2012年 小峰書店
『こどもの行事しぜんと生活 5月のまき 祇園祭』2012年 小峰書店

『出発進行!トロッコ列車』2016年 偕成社
『出発進行!トロッコ列車』2016年 偕成社

『だるまちゃんとかみなりちゃん』 1968年 福音館書店
『だるまちゃんとかみなりちゃん』 1968年 福音館書店

『どろぼうがっこう』 1973年 偕成社
『どろぼうがっこう』 1973年 偕成社

自画像 油彩画 1948年
自画像 油彩画 1948年

加古里子(かこ さとし)

1926年、現在の福井県越前市に生まれる。東京大学卒業。工学博士。技術士(化学)。児童文化の研究者でもあり、出版を中心に幅広く活躍した。作品は「だるまちゃん」シリーズ、『からすのパンやさん』、『はははのはなし』、『うつくしい絵』、『とこちゃんはどこ』、『伝承遊び考』など600点余。2008年菊池寛賞受賞、2009年日本化学会より特別功労賞を受賞。2018年、逝去。享年92歳。

加古里子(かこ さとし)

会場限定 かこさとしの世界展 オリジナルグッズ

ポストカード 本体価格120円+税
ポストカード 本体価格120円+税

シール 本体価格300円+税
シール 本体価格300円+税

缶バッジ 大 本体価格350円+税 / 小 本体価格300円+税
缶バッジ 大 本体価格350円+税 / 小 本体価格300円+税

マスキングテープ 本体価格600円+税
マスキングテープ 本体価格600円+税

トートバッグLサイズ 本体価格2,000円+税 / Sサイズ 本体価格1,500円+税
トートバッグLサイズ 本体価格2,000円+税 / Sサイズ 本体価格1,500円+税

※商品お渡し時の税率に基づく消費税を別途頂戴いたします。

ギャラリートーク

講師:鈴木万里氏(加古里子・長女/加古総合研究所代表)
日時:10月30日(水)午後1時〜

※参加は無料ですが、当日有効の入館券が必要です。
※満員の際は、入場制限をさせていただくことがございます。あらかじめ、ご了承ください。

  • ●主催:京都新聞
  • ●協力:加古総合研究所/小湊鐵道
  • ●企画協力:アートキッチン