大丸神戸店×神戸学院大学 もとまち こども大学「神戸・南京町「老祥記」連携企画」

10月17日(日)・24日(日) 【申込受付期間】9月22日(水)→10月5日(火)

【神戸・南京町「老祥記」連携企画】
 もとまち こどもマルシェ 〜マーケティングで学ぶお店の『価値』の伝え方〜


"未来をつくるこどもたちの創造性を高めたい"そのような想いをもって、神戸学院大学と大丸神戸店が協働し、「もとまち こども大学」を開校します!


対象:小学生3〜6年生 8名 ※2日間のプログラム両日ともご参加いただける方に限ります。

参加費:無料

■もとまち こどもマルシェ 〜マーケティングで学ぶお店の「価値」の伝え方〜
講師
神戸学院大学 経済学部 講師 木暮衣里
老祥記 専務取締役(四代目) 曹祐仁
大丸神戸店 営業推進部 CS企画担当 長谷場美緒
株式会社 伊藤園 特販営業本部 百貨店二部 岩田孝浩

内容
港町である神戸は、開港により様々な異国文化が街にとけこみ"神戸の魅力"として大切に守られながらも、進化を続けています。今回、異国文化拠点のひとつである「南京町」で愛され続けている「元祖・豚饅頭」を生み出した老祥記との連携企画として、「豚饅頭」に秘められた物語を通して神戸の歴史を学び、『もとまち こどもマルシェ オリジナル豚饅』開発を行います。
また豚饅をより美味しく楽しむために、中国茶とのペアリングも学び、自分たちが開発した商品の魅力(価値)をどのようにしたらお客さまに感じていただけるかを考えます。

このプログラムのテーマである「マーケティング」の役割は、お客さまにお店と商品の"価値"を感じていただき、「自然に売れるための仕組み」を作ることにあります。「お客さまの満足度」を大切に、接遇・商品の知識・PRの工夫などをワークショップで学び、自分達が開発した商品の魅力を伝える方法を考えよう!

【ワークショップ①】
日時:10月17日(日) 10時〜13時
場所:曹家包子館(神戸市中央区 元町通1-3-7)
内容
(1)地域とお店研究:神戸と南京町 ~老祥記・元祖 豚饅頭の歴史~
(2)商品研究[1]:老祥記の豚饅頭研究 ~豚饅づくり体験とオリジナル商品開発~
(3)商品研究[2]:ティーペアリング ~豚饅と中国茶のマリアージュ~

【ワークショップ②】
日時:10月24日(日) 10時〜13時
場所:神戸学院大学 神戸三宮サテライト(神戸市中央区 雲井通7-1-1 ミント神戸17F)
内容
(1)接客を学ぼう! ~プロから学ぶ おもてなしのこころ~
(2) 商品の魅力を伝えよう ~POPとオリジナル動画作成~



お申し込みは終了しました。

※お申し込み時点では【仮予約】として受け付けます。
締め切り後、抽選を行い、ご当選のお客様にのみ、【10月7日(木)まで】にメールにてワークショップ当日のご案内を差しあげます。

第10回KOBE豚饅サミット®2021 プレイベント「もとまち こどもマルシェ✕老祥記」OPEN

開催日:11月6日(土) 1日限定
場所:地1階 東エスカレーター前特設売場
内容
ワークショップに参加したこどもたちが考えた「オリジナル豚饅」を、大丸神戸店地下1階東エスカレータ前特設売場にて、1日限定販売します!!
※ワークショップで制作したPOPや動画は当ブースやWEB広報等で使用させていただきます。
【ご参加にあたっての注意事項】
・感染症拡大防止のため、「安全・安心の取組」へのご協力をお願いしております。
・状況により、ワークショップを中止する可能性もございます。
※当選者への通知の際に、詳細についてご案内いたします。