ページ内移動用のリンクです

300th 大丸創業300周年 SINCE1717 おかげさまで大丸は創業300周年を迎えました。

ここから本文です

  • ピックアップ
  • クリスマス
  • グルメ
  • レディス&ビューティ
  • メンズ&スポーツ
  • リビング・美術・宝飾・呉服
  • キッズ
  • キャンペーン他
  • 外国人旅行者の方へ

ご出産準備からお誕生日までのお祝い行事

1歳になるまでのお祝い事

帯祝
一般的に、妊娠5ヶ月目の「戌の日」に行われます。多産でお産の軽い犬にあやかって安産を願い、おなかの赤ちゃんを守るための行事です。


お七夜(命名式)
今では生後14日以内に赤ちゃんの名前を市町村役場に届け出ることになっていますが、昔は7日目が命名式でした。命名紙に名前と生年月日を書き、神棚や床の間に飾るか、ベビーベッドやサイドボードなど目に付くところに貼って、お祝いをします。


お宮参り
そもそもは氏神様にお参りして地域社会の仲間入りをする儀式でした。今は赤ちゃんの無病息災、健やかな成長を祈願する行事となり、大きな神社にお参りする人が多くなりました。男の子は30~31日目、女の子は31~32日目といわれますが、生後1ヶ月頃のよい日を選ぶといいでしょう。赤ちゃんを抱くのは、一般に父親のお母さんの役目です。


初節句
出産後、初めて迎える節句です。
◆桃の節句(3月3日・女の子)
平安時代のひな遊び、人形に厄を移して水に流す「厄払い」の行事が由来です。1週間ほど前からひな段を飾り、ひし餅、ひなあられ、白酒を供え、ちらし寿司、蛤の吸い物、よもぎ餅などで祝います。
◆端午の節句(5月5日・男の子)
鯉のぼり、五月人形を飾り、柏餅、ちまき、しょうぶ湯で祝います。悪疫を払うため、しょうぶ湯に入る習わしもあります。


初誕生日
この1年を赤ちゃんが健やかに過ごしてきたことを祝う儀式。
「力餅」といって餅を背負わせたり、脚で踏ませたりして、力強く立ち歩き元気に育つように願いを込めて祝います。
お祝膳を用意するのもいいですが、バースデーケーキに1本のローソクを立ててお祝いするのも素敵ですね。

トピックス一覧

  • ピックアップ
  • クリスマス
  • グルメ
  • レディス&ビューティ
  • メンズ&スポーツ
  • リビング・美術・宝飾・呉服
  • キッズ
  • キャンペーン他
  • 外国人旅行者の方へ

大丸神戸店トップページに戻る