DAIMARU

KOBE暦 季節をたしなむ、豊かなひとへ。
KOBE暦 季節をたしなむ、豊かなひとへ。

日本で愛されてきた、季節ごとの楽しみ。
神戸らしいセンスをミックスして、新たな視点や暮らしのヒントをご紹介します。

季節と暮らしのコラム

季節と暮らしのコラム

12月(霜月)

1年の中で最も一般的に口にされる旧暦が「師走」。多くの人が年末で忙しくされることもあり、「師走」の由来は諸説ありますが、「師が忙しくて走り回る」という説が有力だとも言われています。そんな師走を感じ始めるのは、神戸ではやはり「ルミナリエ」ですね。ルミナリエと聞くと、今年1年を振り返りながら、また感謝する。そんな想いが強くなるように思います。「平成」という時代は幕を閉じますが、神戸のそんな想いはいつまでも語り継がれていくことでしょう。

ページTOP

ページ上部へ