ページ内移動用のリンクです

300th 大丸創業300周年 SINCE1717 おかげさまで大丸は創業300周年を迎えました。

ここから本文です

  • ピックアップ
  • オンラインショッピング
  • グルメ
  • レディス&ビューティ
  • メンズ&スポーツ
  • リビング&呉服・宝飾
  • 今週の催し・イベント
  • キャンペーン他

Living クリエイターズテーブル ~作り手の紹介~ 連載Vol.1 豊かな食卓

大丸東京店 9階 食器売場 クリエイターズテーブル

今月の作家:結城 彩さん、片瀬有美子さん
ブルーベリーだ、と初めて結城さんの器を見たとき思った。ありそうでない紫色の器。真っ白なヨーグルトにブルーベリーを散らしてうわ!と驚きながら食べたいとそのとき思った。白に黒い縁の器も紫の器も、これには何盛ろうかな、とわくわくしてしまう。色とりどりのベリー類を贅沢に。スプーンでざっくりすくったお豆腐にオリーブオイルをかけたり、摘み草を色よくいためて盛ってみたり、実際はオールマイティの包容力があるのも結城さんの器の楽しさだ。独自性があるのに押し付けがましくない、作者の人柄そのものの器たち。

<結城 彩>(右上から時計回り) 彩鉢・黒縁【税込】6,480円/輪花皿(小)・黒縁【税込】1,944円/浅鉢・紫【税込】6,480円/ミニ花器・紫【税込】1,620円/細リム皿(小)・紫【税込】1,944円/足付ボウル・紫【税込】3,780円
/9階 食器売場(クリエイターズテーブル)

初めて片瀬さんの器に出会った時、なんと美しいのだろうと驚いた。そして、どこかで既に会ったことがある、そんな不思議な印象を持った。聞いてみたら、彼女は、安曇野の出身、あの岩崎ちひろ美術館の近く。そう、岩崎ちひろの色の世界だ。少女だったころの絵本の色の記憶が蘇ってきた。だからか、片瀬さんの器を手に取るといつもほっこりと心が喜びで満たされる。

<片瀬 由美子>(右上から時計回り) moca katakuchi【税込】7,560円/moca sakazuki (dobule)【税込】5,400円/moca plate(M)【税込】3720円
/9階 食器売売場(クリエイターズテーブル)
※手作りのため、在庫状況が変動いたします。また商品の風合いが異なることがございます。詳しくは売場係員にお尋ねください。

結城 彩さん
結城さんのブログのタイトルは「天の」。その言葉の余韻が気になった。九谷で絵付を学び、絵付の器を作っていたが、その後、焼き物を離れて仕事をしていた時に、想像の及ばない何かで作品を作りたいと感じたのだと。炎や土の力それらに仕上げを委ねる思いが「天の」という言葉になった。謙虚な人だ。

結城 彩
石川県生まれ
石川県立九谷焼技術研修所 卒業
クラフトフェアへの出展
ギャラリーや百貨店等での個展・グループ展など


片瀬有美子さん
片瀬さんの使う色使いは常に澄んだ透明感が特徴的。そしてその色の付け方も素焼きの前に生地にしみ込ませるのだとか。おそらくは、余り他に類を見ない方法で表現している。だから同じものはひとつもない。まさに、使って楽しい生活のオブジェと言える。まだ20代の若さの片瀬さん。将来が楽しみな作家である。

片瀬有美子
1988 長野県安曇野に生まれる
2010 女子美術大学短期大学部専攻科 卒業
2012 多治見市陶磁器意匠研究所デザインコース 修了
2013 多治見市陶磁器意匠研究所セラミックスラボ 修了
2014 金沢卯辰山工芸工房陶芸工房 入所
2017 金沢卯辰山工芸工房陶芸工房 修了
現在  富山県南砺市にて独立

田中美知代
1949年三重県生まれ
ライフスタイリスト
JETROの家具分野短期専門家として、世界各国のモノ作りと交流。その経験を生かし、手のひらのアートとして「豆皿1000プロジェクト」を立ち上げ運営し、現在も器の新しい価値と楽しみ方を提案し続けている。

トピックス一覧

  • ピックアップ
  • オンラインショッピング
  • グルメ
  • レディス&ビューティ
  • メンズ&スポーツ
  • リビング&呉服・宝飾
  • 今週の催し・イベント
  • キャンペーン他

大丸東京店トップページに戻る