美術催しのご案内 南館8階

スケジュール
南館8階 美術画廊
現代陶芸サロン 桃青

午前10時→午後8時30分
〈最終日は午後5時閉場〉

南館8階 美術画廊

輪島塗 慶塚工房逸品展

◆7月26日(水)→8月1日(火)


このたび大丸心斎橋店では「輪島塗 慶塚工房逸品展」を開催することとなりました。
日本を代表する漆芸の地、輪島に在って輝かしい伝統を受け継ぎながらも、常に現代感覚を加味して格調高い名品、逸品を制作しておられる慶塚工房。
本展では、絢爛たる蒔絵の飾棚をはじめとする調度品など、「用」と「美」を兼ね備えた優品の数かずを一堂に展覧いたします。
厳選された素材と卓越した技が一体となって生み出される名匠の世界を、ぜひこの機会にご高覧くださいますようご案内申し上げます。


「飾箱 舟橋型 初音」
W21×D19×H10p 税込4,320,000円


巨匠絵画展

◆8月2日(水)→8日(火)

世界で活躍した日本人画家、荻須高徳、棟方志功、藤田嗣治をはじめ
日本画の横山大観、平山郁夫、東山魁夷、洋画の梅原龍三郎、中川一政、絹谷幸二、
外国画ではベルナール・ビュッフェ、モーリス・ユトリロほかを出品予定。

小絲 源太郎 「東海」 8号



前田 青邨 「胡瓜」 10号

〜煌びやかな自然-花、水辺、大地〜 佐藤一正絵画展

◆8月9日(水)→15日(火)


どこか懐かしい日本の原風景をモチーフに光と影を繊細な描写で表現。風景画や花の油彩画、水彩画の新作を出品いたします。

さとうかずまさ
1950年島根県生まれ、東大阪市在住。
山総美術登龍会全国公募展入選最高賞受賞、その他京展などで入選。
1983年京都・東本願寺から依頼され「親鸞上人伝絵」の53枚の模写を完成。


「花」
F25号 税込1,404,000円


〜言葉は生きている 心がつながっていく〜 
森重陽子 楽しみの書画展

◆8月16日(水)→22日(火)

独特のカエルやネコのキャラクターの絵に言葉をそえる額装作品をはじめ軸装や木に描いた作品。
さらに書をにモダンにしつらえた墨像作品を出品いたします。
オーダー作品も賜ります。会場では重森先生による制作実演もございます。

しげもりようこ
1964年枚方市生まれ、奈良県在住。読売書法展で数かずの賞を受賞し25年間書の世界で活躍。
2002年「その後の桃太郎絵本コンテスト」にて最優秀賞受賞。
これを機に自由に表現する「楽しみの書画」教室をはじめる。

「ありがとう」
横87.5×縦38×幅4.3cm
栃の木・岩彩・墨
税込86,400円


輪島塗掘出し市

◆8月23日(水)→29日(火)

輪島塗のうつわや家具などを一堂に特別価格にて展示即売。
最高級漆器である輪島塗というだけで、高額すぎて手の届かないイメージはありますが、ハレのしつらえが必要なシーンや食卓にはやはり欲しいアイテムです。
本物の輪島塗を従来にない特別価格で手に入れるチャンスとなりますのでぜひお越しください。

花丸四君子 吸物椀 (五客組) 
特別価格 税込194,400円

布目 半月卓上膳 (五客組) 
特別価格 税込108,000円


柿森悦子洋画展

◆8月30日(水)→9月5日(火)


竹林に差し込む光に魅せられて関西の竹林をテーマに描く。さわやかな緑からの木漏れ日が美しく輝きます。

かきもりえつこ
1961年京都生まれ。1997年フランス取材。1998年初個展。2001年フランス・韓国取材。
2003年ドイツ取材。2004年上野の森美術館「日本の自然を描く」入選。


「爽風」
油彩 F8号  税込259,200円



その他の会場へ
(C) Daimaru Matsuzakaya Department Stores Co.Ltd. All Rights Reserved.
このページの先頭へ