美術催しのご案内 南館8階

スケジュール
南館8階 美術画廊
現代陶芸サロン 桃青

午前10時→午後8時30分
〈最終日は午後5時閉場〉

南館8階 美術画廊


近代柿右衛門・今右衛門展

◆11月30日(水)→12月6日(火)

1616年、有田で日本初の磁器が誕生して今年で400年を迎えます。
400年の歴史ある有田窯業で独自の色絵技術を継承し、白素地に赤絵が優美な酒井田柿右衛門、
優雅典麗で格調高い「色鍋島」を伝承する今泉今右衛門。
匠の技と創意が光る大正から昭和の柿右衛門、今右衛門の名品を展示いたします。
ぜひこの機会にご高覧賜りますようご案内申しあげます。

十四代柿右衛門
「濁手 苺文陶額」
径18.5×高さ3.2p
税込702,000円

十三代今右衛門
「色鍋島 吹墨草花文花瓶」
径21.2×高さ27.6p
税込1,620,000円

燦の会日本画展

◆12月7日(水)→13日(火)

「燦の会」とは手塚雄二先生、吉村誠司先生両主催による東京藝術大学大学院修士課程日本画専攻第三研究室修了生のグループ展。瑞々しい感性に満ちた作品を展観いたします。

<出品予定作家>
手塚雄ニ、吉村誠司、松岡 歩、繭山桃子、窪井裕美、牧野香里、岡田昌平、三田尚弘、上野 高、
上野直美、林 奈緒子、宮川佑介、永井翔彩、湯村友彦、木津達大、宮川 翠、岡田香澄、藤巻 嶺、
松村侑紀、幸 亮太、北澤 龍、鹿島麻衣、本多 翔、吉田侑加、中村桃子、曳地聡美、山田雄貴 
(順不同・敬称略)

花〜悠久なる刹那 蔵田美和日本画展

◆12月14日(水)→20日(火)

うつろいゆく季節の花、特に野にひっそりと咲く花を描いた約25点を出品いたします。
蔵田美和 kurata miwa
日本画教室 「想画会」 講師
1964 岐阜県に生まれる
1986 女子美術大学絵画科日本画専攻卒業
1992 加西市花の美術大賞展 入賞
1996 国際芸術交流展 入選
2005 三輪大神享保渡御之巻復元模写奉納/三輪大神文化渡御之巻復元模写奉納
2011 三輪大神平成渡御之巻 其の一、其の二制作奉納 /大垣祭り山車図
2014 秋葉神社不動尊堂扁額彩色補修
2015 近鉄上本町店にて個展開催。

「春遠からじ」 10P

「囁く」 円形4号

東雲の会日本画展

◆12月21日(水)→27日(火)

日本美術院を主舞台に精力的に活動し母校・愛知県立芸術大学では教授として後進の指導にも意欲的に取り組む岡田眞治先生と、岐阜県に生まれ、金沢美術工芸大学大学院を修了し、東丘社入会、日展にて活躍する長谷川喜久先生が、中心となるグループ展。

<出品予定作家>※順不同・敬称略
岡田眞治、石谷滋規、大島亜弓、河本真理、増本寛子、宮治 綱、森下麻子、蜻優子、
長谷川喜久、荒木紀江、磯部絢子、梅村 愛、中山千明、林 真、福本百恵、帆刈晴日

林 真「咲く想い」
P10号 税込540,000円

蜻優子「添う」
M10号 税込324,000円

絵画版画特選展

◆12月28日(水)→1月10日(火)

国内外の人気作家の日本画・洋画・版画を多彩なジャンルから集めてご奉仕価格にてご紹介致します。

ベルナール・ビュッフェ
「海辺にて ON THE BEACH」
31.3×24cm リトグラフ 1967年
特別価格 税込30,0000円

東山魁夷「朝」
24.5×35cm リトグラフ 1975年
特別価格 税込300,000円


パブロ・ピカソ「Tormented Faun's face」
直径42cm 1956年
特別価格 税込3,000,000円

その他の会場へ
(C) Daimaru Matsuzakaya Department Stores Co.Ltd. All Rights Reserved.
このページの先頭へ