きものふぁんたじあ
京友禅と伝統工芸作家による
伝統となる木
9月13日(水)→18日(月・祝)開催
10時~20時【17日(日)は17時閉場、最終日は18時閉場】
大丸札幌店7階 催事場
さくら
うすあさぎ
あかね
ゆき

大丸創業300周年を迎えて

初めましてZONEきものデザイン研究所です。
今回は大丸創業300周年記念「伝統となる木」を大丸札幌店で開催する運びとなりました。 私たちは、これまで着物に縁のなかった女性にも、ぜひ着物に触れあっていただき、着物とともに特別な時間を過ごしていただけたらと考えております。
そしてここで生まれた小さな伝統の芽を、お客様と共に大きな木になるよう一緒に育てていきたいと考えています。

きっちりと襟を合わせて、新しい扉をあけて。

着物でしゃなりと歩く女性、女っぷりもあがってみえますね。

どんなものを着ればいいのかしら。
何をそろえたらいいのかしら。

いろいろな疑問もあるかと思います。

一歩踏み出してみませんか。
ZONEきものデザイン研究所は着物を着てみたいけれど、一歩踏み出せないそんな女性をプロデュースします。

本催事では、若手伝統工芸の職人が作った作品も取りそろえ、着物を着ない方でも楽しめるような企画となっています。

伝統工芸 reborn project
東京藝術大学出身の若手作家が生み出す新しい美術工芸
  • 酒井 望

    酒井 望1985年埼玉県出身。大学では染織を専攻。卒業後は“未確認生物”をコンセプトに、友禅染めの技術を使ったまだ見ぬ生物を生み出し続けている。その独特の表現と作家自らが未確認生物の確保に向かう様子を写真に収めた、合成ポートレートと共に展開する手法も行なっており、伝統工芸の技術から現代アートとしての道も切り開いている。 現在ZONEきものデザイン研究所のデザイナーとして活躍中。

  • 宮尾 耕平

    宮尾 耕平伝統的な彫金技法を用いて現代工芸作家として活動。特に金属板に「鏨」という刃で文様を彫刻していく「彫り」の技法に特化した作品で知られる。型にとらわれない現代風の表現でアートと伝統工芸の融合を試みる。近年では自転車好きの経験を活かしロードバイクのパーツなどに彫りを施した新しい作品も展開中。

  • 田代 聖晃

    田代 聖晃アートジュエリー作家として活動。大学在学中から国内コンペティションにて数々の賞を受賞し、若手ジュエリー・工芸作家達のシェアアトリエを立ち上げる。作品コンセプトは主に「人との関わり合い」「既成概念への警鐘」をテーマとし、今までにない提案性溢れた作風で知られる。

  • 近藤 亮平

    近藤 亮平金工作家。「象嵌」「彫り」などの日本の伝統的な彫金技法を突き詰め、現代のモチーフや図案と組み合わせることで、美術工芸品としての研ぎ澄まされた作品から手に取りやすい温かみある作品まで幅広く提案。若くして日本金工展などでの入選経験も持つ。

  • 大崎 風実

    大崎 風実幼少の頃から絵画教室に通い、母と共に陶芸に触れるなど、美術、工芸に広く携わる時期を過ごす。大学では漆芸を専攻し、主に乾漆技法や蒔絵など、伝統的な漆芸技術を中心に学び、動植物や日本の四季から得たインスピレーションを独自の視点で表現。現在は銅版画のエッチング、アクアチント技法を用いて絵画制作も行っている。

  • 畠山 聡

    畠山 聡幼い時から絵や工作にのめり込み、自然と美術の道を志すようになる。アートマーケットやアートイベントに出展しながら“鋳造ならではの形”や“多くの人の目に留まるもの”などをコンセプトに、鋳造技法を用いて作品発表を続ける新鋭作家。現在は主にジュエリー作品を中心に制作を行っている。

夏の午後、自分を見つめなおすとっておきの一着。

一仕事終えた夏のひと時、自分を見つめなおす機会を持ってみませんか。
北海道は年を通して着物が着やすい土地です。
だからこそ、夏の長い一日の一時を使って着物を着てみませんか。

一息ついて自分を見つめなおすチャンスです。
今回の催事では、地紋を生かした色無地を中心にご用意いたしました。
現代にあわせたシンプルで都会的なZONEの色無地で新しい自分を見つけてください。

  • #

    訪問着 孔雀羽 一点物
    税込1,944,000
    (お仕立代別)

  • #

    無地着尺 羽根 色違いあり
    税込270,000
    (お仕立代別)

  • #

    附下グラデーション 色違いあり
    税込518,400
    (お仕立代別)

  • #

    名古屋帯 華紋 一点物
    税込345,600
    (お仕立代別)

  • #

    名古屋帯 華紋 一点物
    税込540,000
    (お仕立代別)

  • #

    名古屋帯 モーリス 一点物
    税込270,000
    (お仕立代別)

  • #

    名古屋帯 水玉 一点物
    税込259,200
    (お仕立代別)

  • #

    地紋無地着尺 モザイク
    税込213,840
    (お仕立て付き)

  • #

    地紋無地着尺 モザイク
    税込213,840
    (お仕立て付き)

  • #

    名古屋帯 団栗 一点物
    税込518,000
    (お仕立代別)

  • #

    地紋無地着尺 洋花
    税込213,840
    (お仕立て付き)

  • #

    小紋オリジナル 一点物
    税込226,800
    (お仕立代別)

  • #

    ブドウモール着尺 色違いあり
    税込410,400
    (お仕立代別)

  • #

    織り名古屋帯
    税込194,400
    (お仕立代別)

  • #

    名古屋帯コード刺繍
    税込302,400
    (お仕立代別)

  • #

    地紋無地着尺 羽根
    税込198,720
    (お仕立て付き)

  • #

    色無地 限定 3反
    税込198,720
    (お仕立て付き)

  • #

    無地着尺 羽根唐草 色違いあり
    税込302,400
    (お仕立代別)

  • #

    銀糸・白漆糸入り名古屋帯
    税込129,600
    (お仕立て付き)

  • #

    銀糸・白漆糸入り名古屋帯
    税込129,600
    (お仕立て付き)

ひらひらと舞う落ち葉、つられて袖も舞う。

着物を着るといつもの風景が違って見えます。
何度か着てみたら、もっとふかく着物のことが知りたくなるかもしれません。

そんな時もZONEの出番です。
ZONEの着物は一流の職人を集め最高の技術を結集し作られた本物の京友禅です。
着れば着るほどそのこだわりを実感していただけると思います。

そして、ZONEでは生地開発から行っているため、お客様のご要望に合わせた完全オーダーメイドを受注することが可能です。

一流の職人を集め最高の技術を終結し作られた本物の京友禅
  • 岡本 好生西陣帯処 雁和
    岡本 好生

    西陣帯処 雁和のルーツは「琳派」を世に広めた尾形光琳、乾山兄弟の生家である江戸時代の豪商「雁金屋」にたどり着きます。雁金屋の「雁」を図案化した紋章を引き継ぐ「雁和」その代表者 岡本好生は、400年の時を超え、琳派・尾形光琳の美意識を現代に伝えるべく、洗練された作品を創作しております。京都・西陣に生まれ育った環境と経験、美意識を生かし、着物とのコーディネートを一番に考え創作された高級帯地をここにご披露いたします。

    # #
  • 小林 良隆草履 辻屋本店職人
    小林 良隆

    大正元年創業、履物の街・浅草で四代続く和装履物専門店です。花柳界や芸能界、玄人筋を始め、和装にうるさい浅草のお客さまに愛され育てられて百余年。熟練の職人の技で、長く履いても痛くならず、疲れない草履や下駄をあつらえます。本展にあわせオリジナル草履も製作しております。職人が常駐していますので、お気に入りの「台」と「鼻緒」をご自分のお好みで選んでいただき、目の前で挿げることも可能です。
    http://getaya.jp

    # #
  • 亀井 勇樹樹の鞄®KI NO KABAN
    亀井 勇樹

    樹の鞄は、1990年に彫刻家・亀井勇樹がオリジナルの工程をつくり出し、完成させた木製のバッグです。創業以来、ひとりですべての工程を手掛けています。カバンという概念を覆し独創性豊かで繊細な作品は、型を持たずすべて「その時」が刻み込まれた作品群。それはシリアルナンバーとして刻まれています。 北海道産の樹齢180年前後のシナノキを、5~10年ゆっくりと寝かせ、その後、素材から得るインスピレーションで一点一点、彫り、磨き、塗りを繰り返し、長い時間をかけ仕上げていきます。「使う」という目的のもとにつくられた鞄という中に、亀井勇樹の世界観がそのまま詰め込まれています。
    http://www.kinokaban.com

    # #

雪の中向かう道、違う私が待っている。

すこしでも着物を着ると、もっと着物を着てみたいと思うはずです。
ZONE催事は、ただの呉服売場ではなく、着物を着る人も着ない人も楽しむことができるサロンになることも目指しています。

会場に気軽に遊びに来てください。
着物もファッションのひとつです。
自由に楽しんでみてください。

会場催し
  • 「わざをぎ」

    「わざをぎ」は現代に日本の伝統芸能を伝える一座です。所属する座員は全員が東京藝術大学出身であり、舞踊家、唄方、三味線方、囃子方、笛方などで構成されています。その名は、日本書紀の中で芸を行うものを表す「俳優(わざをぎ)」を由来としています。これは伝統への回帰と文化の再生を目指し名付けました。江戸時代より磨かれてきた伝統芸能の持つ技や表現を受け継ぎつつ、現代にあったパフォーマンスをお届けします。2017年は結成3年目を記念し、わざをぎの名の由来となる日本書紀を題材に、神話と江戸文化を融合させた歌舞伎舞踊の新作を単独本公演「紫鳳會」(10月29日・日本橋劇場)にて発表いたします。

    イベントスケジュール | 大丸札幌店7階 催事場

    9月16日(土)
    16:0016:20わざをぎ公演
    16:3017:00ギャラリートーク
    9月17日(日)
    12:0012:30
    14:5015:20
    わざをぎ公演
    12:4013:10
    15:3016:00
    ギャラリートーク
    ギャラリートーク
    「京友禅における分業制の利点と後継者問題」

    出店作家が立命館大学吉田満梨准教授を迎えギャラリートークを行います。
    [登壇者]
    伊藤剛史(ZONEきものデザイン研究所代表)
    関谷幸英(ZONEきものデザイン研究所職人)
    亀井勇樹(樹の鞄作家)・田代聖晃(若手作家)・小林良隆(辻屋草履職人)
    岡本好生(西陣織処 雁和)

    進行:吉田満梨
    立命館大学経営学部准教授。経済産業省・和装振興会コーディネーターなどを務める。論文「着物関連市場における新たなセグメントとその特性の分析」など著作多数。

  • カジュアルお茶席のイートインも。
    京都福寿園宇治茶販売会

    ●9月13日(水)→18日(月・祝)※17日(日)は午後5時閉場、18日(月・祝)は午後6時閉場
    ●大丸札幌店 7階 催事場

    • 大丸百貨店創業300周年記念オリジナル宇治銘茶

      福寿園が伝統の技術で丹精こめてつくり上げ、蘭字をイメージしたパッケージに入れた玉露入り煎茶です。

      大丸百貨店創業300周年記念オリジナル宇治銘茶(60g)税込2,160【数量限定300個】

    • 空女作 雪輪帯抹茶椀

      空女の作品は京薩摩の技法にこだわりつつ、独自のデザイン・発想で新しい展開を見せてくれます。

      空女作
      雪輪帯抹茶椀
      税込54,000受注販売※お渡しは4ヵ月後(予定)になります。

    • 【予約販売・限定10個】玉露(50g)

      51点の出品から農林水産大臣賞受賞の栄誉に輝いた玉露です。茶葉は細よれで良く冴えた色合いで濃厚なうまみに富む玉露です。

      農林水産大臣賞受賞玉露(50g)木箱入り税込54,000【予約販売・限定10個】

    • 【予約販売・数量限定】玉露(50g)

      170点の出品から農林水産大臣賞受賞の栄誉に輝いた煎茶です。爽快な風味とうま味がみごとに調和した煎茶です。

      農林水産大臣賞受賞煎茶(50g)木箱入り税込32,400【予約販売・限定10個】

    福寿園「カジュアル茶席」ご優待券プレゼント

    9月13日(水)→15日(金)の期間中、おきもの(和装)でご来場の方、各日先着30名様にお茶と和菓子を税込100円でお楽しみいただけるご優待券をプレゼントいたします。

そして、伝統となる木へ

今回の催事はこれまで伝統を担ってきた職人と、これから新しい伝統を作っていく若手作家が集まっています。
皆それぞれに本物の技術を持っています。
ぜひその本物の技術を会場でご覧ください。

そして、楽しみながら、伝統文化とは何かを考えていただければと思います。

ここで生まれた新しい芽が、100年200年を経て大きな木になるよう一緒に伝統を育てていけたらとZONEは考えています。

しぇあ / ふぉろー