DAIMARU

KOBE暦 季節をたしなむ、豊かなひとへ。
KOBE暦 季節をたしなむ、豊かなひとへ。

日本で愛されてきた、季節ごとの楽しみ。
神戸らしいセンスをミックスして、新たな視点や暮らしのヒントをご紹介します。

季節と暮らしのコラム

渡邊 百合 さん 渡邊 百合 さん

神戸在住。77年の歴史を持つ、神戸の老舗帽子メーカー「マキシン」3代目代表取締役社長。 大阪万博のエスコートガイドサブリーダーや札幌冬季オリンピックコンパニオンリーダーなどを歴任。「マキシン」社長に就任後、新聞や雑誌など取材を多く受け入れることで、「マキシン」の存在を広くアピールすることに注力。「帽子を作りたい」という志のある若い職人が集まり、新しい感性を取り入れながら魅力的な帽子作りを行っている。

葉月

はづき

神戸で生活をするようになって、はやいものでもうすぐ48年になります。 長い間、間近で神戸の街の移り変わりを見てきましたが、今も、昔も神戸のイメージは、上質なものを大切にする、コスモポリタンな感じでしょうか。 昭和29年頃、弊社が現在地に店を移転したトアロードは、北野に住む外国人が、旧居留地にある会社に通うための通勤路でした。この界隈は、銀製品や生活雑貨、薬、グリーティングカードのお店まで、衣食住に関する外国の方が生活するための品物が何でもそろう街だったのです。海も山も近く、自然が身近なところも素敵だと思います。 そんな「ほかとは違う洒落たイメージ」というのは今も大切にしたい神戸らしさのひとつだと思います。弊社は、東京や大阪にもお店がありますが、神戸ならおしゃれなものがあるのでは、と遠方からこられるお客様がいらっしゃいます。本店として、その期待に応えられる商品や雰囲気作りに取り組んでいきたいと考えています。 秋はおしゃれが楽しくなる季節。いいものを見て、ヒントを取り入れながら、自分らしさを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ページTOP

ページ上部へ