60周年記念イベント紹介

博多大丸創業60周年記念ソングCD『いつもあなたと』 × 『Brighter days』好評発売中!

相川 理沙 さん

繋がる希望が広がるように
福岡だからできた楽曲 (相川さん)

60周年という節目を明るくお祝いしたい、そんな思いを込めてポップな曲調に仕上げました。最初に思い浮かんだのは、「ありがとう」と「すぐに会いたくなる」のフレーズ。地元の人々に愛されている百貨店、親しみやすい店員のみなさん……福岡らしい、人と人の距離の近さや温度感が、今回の曲づくりの原点にあります。 その象徴とも言えるのが「エルガーラ・パサージュ広場」。人々が行き交い、出逢える場所ってとても貴重で、時を共有することで、心の絆が深まったり、未来への希望が生まれる気がします。そんな瞬間をより楽しく、豊かに彩るのが音楽。『いつもあなたと』を聴いて、明るい気持ちになっていただけたら嬉しいです。これまでも、これからも、天神の真ん中で、人と人、音楽が繋がりあうことを願っています。

冨永 裕輔 さん

何気ない日々に、
輝きをもたらす場所 (冨永さん)

より輝いてゆく日々――そんな思いを込め『Brighter days』と名付けました。「雨ふりの午後には好きな傘をさしてゆこう…」という歌詞があります。雨の日って家を出るのも億劫です。でも、大丸で好きな傘を買ったり、店員さんと話しているうちに、雨の日も悪くないなと思える瞬間ってありませんか。この曲を通して、悲しみは悲しみだけじゃなく、そこにも笑顔の種があるよ、ということに気づいてもらえたらうれしいです。特別な日ではなく何気ない日を輝かせ、立場を越えた絆が生まれる場所……それが大丸だと思います。

営業推進部スタッフ國分寛典

【記念CD発売のきっかけ】

いつも音楽や歌で満たされているエルガーラ・パサージュ広場を担当しております。 この度、創業60周年を迎え、毎月「女性感謝の日」にミニライブを行なってくださっている相川理沙さんと、北九州市出身の冨永裕輔さんがコラボしたCDを発売する運びとなりました。 お2人ともエルガーラ・パサージュ広場をイメージした、地元出身ならではのアーティストが見た福岡と大丸の魅力がつまった聴くと優しい気持ちになれる曲が出来上がりました。 是非一度、お聴きください。

イベント一覧に戻る