大丸Englishサイトマップよくあるご質問
ホーム店舗情報ショッピングWEBサービス 企業情報お問い合わせ
明治以前 明治・大正 昭和初期 昭和中期 昭和後期 平 成
1717 〈享保2年〉
■ 下村彦右衛門正啓、京都伏見に呉服店「大文字屋」を開業。(大丸創業)
1726 〈享保11年〉
■ 大阪心斎橋筋に大阪店「松屋」を開き、現金正札販売をはじめる。
 (現・心斎橋店現在地)
1728 〈享保13年〉
■ 名古屋本町4丁目に名古屋店を開き、初めて「大丸屋」と称する。
1736 〈元文元年〉
■「先義後利」の店是を全店に布告。
■ 京都・東洞院船屋町に大丸総本店「大文字屋」開店。
1743 〈寛保3年〉
■ 江戸日本橋大伝馬町3丁目に江戸店開業。
1757 〈宝暦7年〉
■ 江戸深川木場4丁目繁栄橋畔に木場別荘をつくり、一郭に繁栄稲荷を祀る。
 (現・コアビルに現存)
1837 〈天保8年〉
■ 大塩の乱起こる。「大丸は義商なり、犯すなかれ」と、焼き打ちをまぬがれる。
1907 〈明治40年〉
■ 資本金50万円で「株式合資会社大丸呉服店」を設立。
1910 〈明治43年〉
■ 東京店、名古屋店を閉鎖。
1912 〈明治45年〉
■ 京都店が現在地に開店。
1913 〈大正2年〉
■ 商標 の大の第一画を3、両尾を左5、右7裂に改め登録。
■ 神戸・元町に神戸支店開業。
■ 女子販売員を置く。
1920 〈大正9年〉
■ 資本金1,200万円で「株式会社大丸呉服店」を設立。
1922 〈大正11年〉
■ デパート業界で初めての週休制(月曜定休日)を実施。
1925 〈大正14年〉
■ 定款の営業目的を「百貨陳列販売業(デパートメントストアの営業)ほか」に改める。
1927

〈昭和2年〉
■ 神戸店が現在地に移転し開店。
■ 大阪店(現・心斎橋店)にデパート業界初の「染色試験室・衛生試験室」
 (現・消費科学研究所)を開設。

1928 〈昭和3年〉
■ 商号を「株式会社大丸呉服店」から「株式会社大丸」に改める。
1931 〈昭和6年〉
■「株式会社大丸」は「株式会社京都大丸」を吸収合併し、京都店とする。
1933 〈昭和8年〉
■ 大阪店新増築工事完成。
1947 〈昭和22年〉
■ 高知大丸開店。
1948 〈昭和23年〉
■ 大丸興業(株)を設立。
1949 〈昭和24年〉
■ 鳥取大丸を関係百貨店とする。
■ 中央興業(株)を設立。
1950 〈昭和25年〉
■ 下関大丸開店。
■ 大丸木工(株)を設立。
1953 〈昭和28年〉
■ 博多大丸開店。
■ クリスチャン・ディオールと独占契約を結ぶ。(昭和39年まで)
  海外デザイナーとの提携は日本で初めて。
1954 〈昭和29年〉
■ 東京駅八重洲口に東京店開店。
1955 〈昭和30年〉
■ 商務事業部新設。
1959 〈昭和34年〉
■ オリジナル紳士服「トロージャン」誕生。
■ 装工事業部新設。
1960 〈昭和35年〉
■ ピーコック産業(株)(現・ピーコックストア)を設立。
1961 〈昭和36年〉
■ 日本の小売業界売上No.1を達成。
 (1960年下期から1968年下期まで連続)
1964 〈昭和39年〉
■ ジバンシィと独占契約を結ぶ。
1967 〈昭和42年〉
■ 大丸モードアトリエ(株)を設立。
1969 〈昭和44年〉
■ 岡政(現・博多大丸・長崎店)を関係百貨店とする。
1971 〈昭和46年〉
■(株)レストランピーコックを設立。
1972 〈昭和47年〉
■ 定休日を月曜日から水曜日に変更。
1974 〈昭和49年〉
■ 今治大丸を関係百貨店とする。
1975 〈昭和50年〉
■ 鳥取大丸、博多大丸、新築移転。(現在地)
1976 〈昭和51年〉
■ デパート業界初の商品のデメリット表示を実施。
1977 〈昭和52年〉
■ 新長田店開店。
■ 下関大丸、ショッピングセンター「シーモール下関」(現在地)に拡張移転。
1980 〈昭和55年〉
■ 神戸市の須磨ニュータウンにダイマル須磨店開店。
■ 芦屋ステーションビルにダイマル芦屋店開店。
1982 〈昭和57年〉
■ 大丸企画開発(株)(現・大丸コム開発)を設立。
1983 〈昭和58年〉
■ CISを導入、新しいマークを制定。
■ 大阪ターミナルビル「アクティ大阪」に梅田店開店。
■ ホームショッピング事業部(現・大丸ホームショッピング)新設。
1984 〈昭和59年〉
■ クレジット事業部(現・JFRカード)新設。
1986 〈昭和61年〉
■(株)消費科学研究所を設立。
1987 〈昭和62年〉
■ 神戸店周辺店舗1号店(現・旧居留 地38番館)開店。
1988 〈昭和63年〉
■(株)大丸クレジットサービスを設立。
■(株)大丸ホームショッピングを設立。
■(株)大丸情報センターを設立。
■ 長崎大丸開店。
1989 〈平成元年〉
■ 東京総合事務所ビル「大丸コアビル」開設。
1990 〈平成2年〉
■(株)大丸友の会を設立。
1991 〈平成3年〉
■「大丸友の会」を発足。
■ 介護休職、育児休職等、福祉諸制度 の新設と改定。
■(株)ディンプルを設立。
1992 〈平成4年〉
■(株)大興運輸の社名を(株)アソシアに変更、洛東運輸(株)と合併。
1993 〈平成5年〉
■ 大阪・ミナミのアメリカ村「ビッグ・ステップ」オープン。
1994 〈平成6年〉
■(株)消費科学研究所が「アジア太平洋トレードセンター」へ移転。
■ 三越と配送業務提携。
1995 〈平成7年〉
■ 三越と商品提携。
■ 神戸店が阪神大震災で被災。
■ 大阪ダイヤモンド地下街をオープン。
1996 〈平成8年〉
■ 新POSシステムを導入。
1997 〈平成9年〉
■ 神戸店復興グランドオープン。
■ 博多大丸別館増床グランドオープン。
■ 大丸ポイントカードスタート。
1998 〈平成10年〉
■ 山科店開店。
■(株)大丸装工を設立。
1999 〈平成11年〉
■ 年俸制を導入。
■ 外商改革をスタート。
  大丸ゴールドポイントカードを発行。
■ 営業改革をスタート。
■ ノードストローム社と提携。
■ カスタマーズ・ビュー運動スタート。
2000 〈平成12年〉
■ 人事制度改革をスタート。
■ 後方部門改革をスタート。
■ デビットカードサービスをスタート。
■ クレジット型の大丸お得意様ゴールドカードを発行。
■ ノードストローム社との提携商品婦人服の「クラシックアンティエ」を販売。
2001 〈平成13年〉
■ 新中期3カ年経営計画スタート。
■ ダイマル(須磨店・芦屋店)を直営化。
2002 〈平成14年〉
■大丸の環境理念を制定。
■新MD情報システムを導入。
2003 〈平成15年〉
■ ISO14001認証取得。(本社・直営9店舗)
■ 博多大丸と長崎大丸が合併。
■ 札幌店オープン。
■ 建設事業の3社を再編。(株)大丸木工、(株)DHJを設立し、大丸装工の子会社に。
■ 神戸・六甲アイランドに家具の大型ショールーム「ミュゼエール」オープン。
■ 経営マネジメント改革スタート。
■ 新顧客情報システムスタート。
■ 大丸厚生年金基金「代行部分返上」認可。「大丸企業年金基金」の設立認可。
2004 〈平成16年〉
■ コンプライアンス委員会を設置。
■ 札幌店がISO14001取得。
■ 京都店食品フロアをリニューアル。
■「大丸グループリグロース〈第1期〉3カ年経営計画2004〜2006年度」スタート。
■ 東京店新店準備室を設置。
■ 四半期決算を実施。
■ 大丸不動産が「大丸リース&サービス」に社名変更。
■ コンプライアンスホットラインスタート。
2005

〈平成17年〉
■ 大丸ららぽーと横浜店開設準備室を設置。
■ 博多大丸・福岡天神店の食品売場改装グランドオープン。
■ 首都圏新規事業開発室を設置。
■ 第2次営業改革スタート。
■ 大丸Dカードを発行。
■(株)大丸セールスアソシエーツ設立。
■ 心斎橋店2・3階婦人服フロア、地下1・2階食品フロアを改装。
■ キャリア契約社員制度を新設。
■(株)大丸クレセール設立。
■ 研修施設「大丸キャリアサポートセンター高槻」竣工。
■ 日本郵政公社へアソシア(現、JPロジサービス)の株式を譲渡。

2006

〈平成18年〉
■「DAIMARU CARD」を発行。
■(株)大丸ビジネスサポート設立。
■ 新人事制度改革スタート。
■ 梅田新店計画室を新設。
■ MD統括本部を3統括部編成にし、第3MD統括部を新設。
■ 大丸浦和パルコ店開設準備室を設置。

2007

〈平成19年〉
■ マーケティング企画室を新設。
■ 博多大丸地下1階婦人靴・ハンドバッグフロアを全面改装。
■ 大丸ららぽーと横浜店開店。
■ 大丸と松坂屋ホールディングスの経営統合を発表。
■ 統合推進委員会、統合推進準備室を設置。
■ 大丸と松坂屋ホールディングスの持株会社名を「J.フロント リテイリング株式会社」と発表。
■ J.フロント リテイリング(株)の組織・経営体制、ロゴマークを発表。
■ 心斎橋店レストランフロアを改装。
■ 京都店「日本生命四条ビル」「京都ダイヤビル」に周辺店舗をオープン。
■ 神戸店1階婦人雑貨売場を改装。
■ 大丸興業大阪本社を輸出繊維会館に移転。
■ 浜松出店を発表。浜松出店計画室を新設。
■ プリペイド式のギフトカード「大丸ギフトカード」を発行。
■ J.フロント リテイリング(株)を設立。
■ 大丸・松坂屋ホールディングスの人事交流を実施。
■ J.フロント リテイリング(株)の株主優待制度発足。
■ 神戸店「NTT西日本神戸ビル」「ブロック44(神戸御幸ビル)」に周辺店舗をオープン。
■ 大丸浦和パルコ店開店。
■ 東京店移転・増床。第1期グランドオープン。

(c) Daimaru Matsuzakaya Department Stores Co.Ltd. All Rights Reserved. 大丸ホームページのプライバシーポリシーご利用条件リンクについて